人の「重い話」を聞くのはたいへん?:カウンセラーになりたい05

はじめに

私は2016年から、ビリーフリセットを総合的に学んで使える心理カウンセラー養成を意図して「ビリーフリセット・カウンセリング講座(BRC)をスタートしました。
2022年現在、名称をビリーフリセット・リーダーズ講座(BLC)と変えて7期継続中です。
この「カウンセラーになりたい」シリーズは、立ち上げ当時から書いていた「カウンセラー・メルマガ」のバックナンバーからセレクトし、リライトしたものです。

普遍的な内容なので、今読む皆さんにも十分役に立ちます。
カウンセラーほか、心理職、援助職を目指す方も、参考にしてくださいね。


 

「カウンセラーをやっています」というと、わりとよく聞かれること。

「人の重い話ばかり聞くのはたいへんでしょう。」

というヤツです。

どうも「さぞストレスがたまるでしょう」と思われているフシがあるようです。

 

あるいは、カウンセラーになることには興味があるんだけれども

「相手の方の悪いモノの影響を受けそうでこわい。」

というお話も時々聞きます。

 

たしかに、一般の方の感覚ではそうだろうなあーと思います。

やっぱり「人のしんどい話を聞いたら自分も一緒にしんどくなる」と考えるのが普通でしょうし、

そもそも悩みや苦しみなんてもの自体、自分のだってイヤなのに、人のモノまで背負いこんだらかなわんワ・・・という気持ちもね、ええ、わかります(笑)

 

で、実際どうなのでしょうか。

私の場合ですが、私はぜんぜんそれ、ないんですよ。

私の師匠もそうですが、多くのベテランカウンセラーさんや、売れてるカウンセラーさんはだいたいみんなそうだと思います。

そうでなきゃ、実際続きませんしね。

 

自分まで重くならない。

悪いモノなんて受けない。

 

なぜかというと、そもそも人の話を「重い、しんどい」と思ってないからです。

むしろ、興味深く、おもしろい。

おもしろいといっても、もちろん面白おかしいという意味ではありません。

こんがらがっているところも含めて、その奥深さ、意味深さがおもしろいのです。

複雑なパズルや、込み入った推理小説がおもしろいと思う方がいるように、ですね。

 

そして心の世界は、どんなに痛み深く、捻れてもつれて、てんやわんやになっていても、その奥には必ずその方自身の真実があり、それは愛であり、仏性であり、輝きであるのです。

こんがらかった心が解けて、その輝きが垣間見えた時のその感動は何物にも代えがたいものがあります。

それが必ずあることを知っているから、大丈夫なのです。

 

そして、どんなに「重い」と見える悩みや苦しみも、ただ思考と感情が絡まりすぎているだけだということがわかっているので、怖いものではありません。

どうやってそれを解くかを考えているだけです。

 

そして「悪いモノを受けないか」という件についても

もちろん人によって色々な解釈があるとは思いますが、

私の場合はやはりそもそも「悪い」と思っていないので、「悪いモノ」は受けません。

 

悪いモノ/良いモノ、と決めているのも自分です。

その「悪い・良い」を外してしまえば、全部「そういうモノ」でしかありません。

そしたらぜんぶ「へー、そうなんだ」で受け止めることができます。

 

なにより、自分自身の傷を癒し、「地雷」を撤去しておくこと。

これがいちばん重要なポイントです。

カウンセラー自身に傷や地雷がたくさんあったら、クライアントさんの話がそこに触れて、カウンセラー自身の心が痛むのです。

それで「重い」とか「悪いモノ受けた」とかいうことになります。

だからこそ、カウンセラーはまず自分に取り組む必要があるんですね。

 

あとはですね、これはカウンセリング講座の中で具体的にやることですが、プロの話の聞き方というのもあります。

自分をそこに差し挟まないで、ただ自分を透明にして聞く・・・というあり方とやり方のスキルがあります。

まあこれが「傾聴スキル」というやつですね。

 

それは、自分と相手との適切な境界を引くということでもありますし、「共感」するとは何なのか、という本質的な理解も関わっています。

このあたりの基本的な訓練の積み重ねによって、「プロの聞き方」というのができるようになってきます。

 

同じように「プロの忘れ方」というのもあります。

っていうか、そんなのないけど(笑)。

 

でも、先輩カウンセラーさん達もけっこう言ってます。

「覚えてないんだよねー」って。

話を聞いて、その時間が終わったらけっこうパーッと忘れちゃう。

私も同じ。

 

たぶんプロは忘れるのも得意。

コンビニのコピー機が、終了後メモリーを消去するように(笑)、セッション終わったら短期メモリーは消去されるようです。

また次のセッションになってその方にお会いすると、その時、記憶の引き出しから必要なものが呼び出されるようです。

「守秘義務」とか言いますが・・・覚えてないから大丈夫だったりするかも。

 

そういうわけで、私の場合、この仕事はストレスにならないのです。

冒頭に挙げたような、みなさんのご心配は無用!ということになります。

 

前回の記事はこちら

次回の記事はこちら

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

心を解放して豊かな「今ここ」にくつろぐ。「リリース&リセット鎌倉リトリート」

日常を離れて、思考を離れて
本来の自分に出会い
「存在」に戻る日。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます