ピアノの大修理

 

 

2年前の引っ越しと共に、わが家にやってきたアップライトピアノ

「イースタイン」。

その経緯とこのピアノの詳細については

以前に書いた下記のエントリーを参照ください。

イースタインというピアノ 2010.11.7

 

さて、古いもの好き・珍しもの好きとその時のカンで

購入を決めたこの1973年製のピアノなのですが

弾いているうちにどうしても音色に満足いかなくなってきました。

ともかくハンマーが固い。異常に固すぎる。

その結果キンキンと薄っぺらい音で、うるさいやら疲れるやら。

せっかく素性はいいピアノのはずなんです。

一度ちゃんと専門家の方に見てもらって、

直るものなら直したいと思いました。

そこでネットを探して、ピン!ときたのが 砂田ピアノさんです。

 

砂田さんは「寡黙で頑固な職人肌」みたいな

一般的な調律師さんのイメージとは違って

意外な音楽歴も持つ、情熱的で華のあるイメージのお兄さまでした。

まずは通常調律をお願いして見て頂いたところ、

現状で問題あるところはこれとこれで、その原因はこれで、

こういうところをこういう風にすると、こう変わってこうなる・・・と

丁寧にたいへん納得のいく説明をして下さいました。

 

ピアノの中味というのは、複雑で精密な機械構造の集まりです。

弾いている本人も、どういう仕組みで音が出てるのか

知らなかったりします。

砂田さんによれば、このハンマーには硬化剤という薬品が

過剰に使われていてまずはそれを抜く必要があること。

その他もタッチのバラツキ、鍵盤のバラツキ、

それの原因となる内部構造のガタツキ、等々

色々な要因を直してやっと、音色調整という作業に至ること・・・

具体的な詳しいことは私もよく理解しきれてませんが (^ ^;;

ともかく私の希望する状態にまで持っていくのであれば

ハンマー周辺のアクション部分を丸ごと作業場に持ち帰り

所要1ヶ月強という大修理コースになるということがわかりました。

 

期間もかかるけど、もちろんお金もかかる。しばらく考えたけれど

やっぱり嫌な音のピアノを弾くのはこの先耐えられないのと、それ以上に

このピアノの本来の良さがちゃんと出ればどれだけいいだろう・・・

という希望を捨てられないのとで、やるぞ!と決断して10月初旬、

ピアノの中味のアクション部分だけがゴソッと取り出され

約1ヶ月の入院となりました。

 

その間、88鍵分のハンマーに染み込んだ、年代物の「硬化剤」を

時間をかけて抜くんだそうです。「ヤク抜き」ですな。

そしてその結果、ハンマーは良い具合に柔らかく変貌を遂げ、

良い音が期待できそうとのご連絡を頂きました。

その他各所の細かい作業を全部終えて、わが家に戻ってきたのが11月中旬。

 

これはアクション部分を取り外して作業中の状態

 

アクション部分が戻ってきた状態

一番上に歯のように白く並ぶのがハンマーです。

 

さて、中味が戻ってくればそれで終わりではないんですね。

ここからが本格的な調整の始まり。

戻ってきた当日。その2週間後。そのまた2週間後。

それぞれ長時間の作業が入り、

ここでは書けない秘伝のあんなコトやこんなコト・・・

スペシャルなケアが山盛りです。

 

そしてついに12月中旬、ひとまず工程終了ということで完成しました。

作業途中でも、明らかに音が違っているのがわかりましたが、

できあがってみると、やっぱり当初とは全然違います。

 

キンキン、ペラペラの中高域が、コロっと輝く丸い音に。

ビョンビョンいってた低域が、ズゴーンと深い低音に。

弱い音は優しく切なく、強い音はキッパリと輝かしく。

それって当たり前じゃん、て?

いやいや、そんな当たり前なことが、

意外とそこらのアップライトでは出ないんですよ。

楽器の元々の素質と、その後の調整が大きくモノをいうんです。

さらに鍵盤のタッチもしっかりと高級感あふれる感触に揃って、

アップライトとしてはかなりのレベルの楽器に

変貌したんじゃないでしょうか。

 

もう少し色々弾いてみると、さらに語るべき言葉が出てくるかも。

しかし、難しいことはさておき、結局私が楽器に求めるもの。それは

弾く気がする、弾いて楽しい、

いつまでも弾いていたいと思う、か。

それが私のいちばん欲しかったこと。

おそらくそういうピアノになってきたと思うので、

これからさらに時間をかけて、その音を味わっていきたいと思います。

 

単なる調律に留まらないこういうことをご相談・お願いするのには

誰でもいいというわけにはいきません。

幸い、信頼できる方に巡り会う事ができてよかったと思いますし、

それをカンで嗅ぎ分けて見つけた自分にもオッケー!

砂田さん、お世話になりました。

 

砂田ピアノ調律事務所

過去ブログ イースタインというピアノ

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

R-Spirit トーク&ミュージックライブ Vol.2「決めて、進む!」

常識や形よりも、自分の心に従って"本来の自分"を生きる。そんな心のスイッチをONにするライブ

2018年9月14日(金)南青山マンダラ

ビリーフリセット初級講座9月コース

「自信がない」をリセットしよう!「自分」とうまくつきあう究極のセルフマネジメント

これまでに、のべ400名以上の方が受講。
「私、どうしてこうなってしまうの?」
「やりたいのにできないのはなぜ?」
「自信がないのはなぜ?」
などの、自分についての謎やモヤモヤが解けた!楽になった!と毎回好評いただいています。

9/22(土)・10/20(土)全2回

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。