人の「苦」がよくわかる

個人的には何宗でもないけど
仏教の言葉が好き。

抜苦与楽(ばっくよらく)

人々の苦しみを抜いて
福楽を与えること。

この言葉に涙が出そうになる自分がいる。

そして

「愛」より「慈悲」に琴線が触れる。

だって
人間は悲しい生き物だもの。

だって
人間は苦しむ生き物だもの。

こんなにひどくて
悲惨で
愚かで
悲しい
人間。

ああ、人間てやつぁ。。

そんなふうに
子供の頃からずーっと思ってた。

生まれた時から
私にはそのリアリティが強いから。

ていうか
生まれる前から絶望してるから。

ええ、人間絶望。

それはもう自分の基本トーンとして
通奏低音にずっとあると思うし

変わらなくてもいいと思ってる。
(ヒョンなことで変わってもいいけどねw)

だからね

人が何に悩んで、何に苦しんでるのか
なんで苦しくなってるのか

その苦しみも、それが生まれた背景も
私はすっごくわかるよ。
 
よーーーくわかる。

だって自分が苦しんできたし

苦しみの理由と構造を
ムキになって掘り下げてきたから。

だからこそ、
私は責めない。

こんなにひどくて
悲惨で
愚かで
悲しい
人間でも

その理由がわかるから。

責めないよ。

苦しみを苦しみとして
ただそこに置く。

「しょうがないよね」

「しかたがないよね」

切なくなりながら
ただうなずく。

それが私にとっての「慈悲」だ。

それは「愛」の一つの姿でもある。

だからこそ、

手の届く範囲で、せめて
その苦しみを抜いてあげたい。

それが私にとっての「抜苦」。

苦しみから抜けた先の
いのちの輝きと力を
信じている。

その苦の鎖から
解き放たれる姿を
信じている。

それが私にとっての「与楽」。

 

絶望しながら、信じてる。

絶望と希望は
私の中で同居する。

ビリーフリセット®︎理論とは

「苦」の構造について
徹底的に見極めた理論体系である。

ビリーフとは
苦しみを生み出す煩悩の核であるからこそ

それをリセットすることは
抜苦与楽そのものである。

いつまでも「苦」に
こだわるのもどうなのか
という気もする。

けど、やはり人の「苦」は
まだまだなくならない。

人の「苦」がそこまでわかってしまう私に
そういうお役があるなら

なんかそういう担当があるんだとしたら

やはりそれを
やることになるのだろうなあ。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

人の話が楽に聴けるようになる 傾聴実践講座

人の話を聞くのが苦手な人も。人の話を聞きすぎて疲れてしまう人も。楽に話が聴けて心が通うようになります。

都内 11/27(水)、12/7(土)/鎌倉 12/9(月)

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない、自分がわからない・・・「私なんでこうなの?」のわけは心の奥の「ビリーフ」だった!

自分とのつきあい方がうまくなる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)