打ち込みでオケを作るということ

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期行われる「劇団ステージドア」のミュージカル、

その作曲・編曲・オケ作り・ミックス作業・・という全行程、

2週間後の本番公演を前に、やっと全ての作業が終了しました。

 

「劇団ステージドア」は、20代から80代まで幅広い年齢で構成される

アマチュア劇団で、毎年台本・音楽とも、役者に合わせて全て書き下ろし。

私は作詞・作曲・編曲の他、コンピュータ&シンセによるオーケストレーション、

そして最終的なミックス作業までやっています。

 

作詞作曲は台本と五線紙に向かって頭をひねるだけ。

思いついてしまえば実際の作業時間はそれほどかかりません。

「曲ができた」というのはこの段階で、歌詞とメロディーとコード(和音)

が決まって五線紙に書き留めた状態のことを言います(私の場合ね)。

そして、ラフなピアノ伴奏カラオケを作り、

劇団の皆さんにはしばらくの間それで練習しておいてもらいます。

 

その次に本番用のオーケストラ仕様のカラオケを作る作業。

これが膨大なんですわ!!

通称「打ち込み」といって、

ほんとだったら生のオーケストラやビッグバンドで演奏録音したいところを、

予算がないのでコンピュータで代理して全部自宅の機械で作るわけです。

これ、知ってる方は知ってるんだけど

知らない方は知らないまま、なんとなく

どこかのスタジオでオーケストラ集めて演奏して録音したんだろうと

思っておられたりするので、ちょっと説明しますねー。

 

今どきの機械は優秀なので、

ピアノはもちろん、弦楽器・管楽器・ドラムやギター等

全ての楽器を、かなり本物に近い音でコンピュータで出すことができます。

それらの楽器の動きやフレーズをアレンジし、全ての演奏データを

コンピュータにプログラミングして録音し、バランスをとってミックスする。

そういう作業を「打ち込み」といいます。これだと、

たとえば本物の演奏者を揃えてスタジオ録音したら数百万円かかるところ

作曲家1人の自宅で数万円程度ででできてしまったりするので、

昨今、よほどの大プロジェクト以外、たいていの音楽は

こういった機械を使って作られていると言っても過言ではありません。

 

で、私もそうやって毎年作っているわけです。

特に、本件の場合、わりとオーソドックスな「昔ながらのミュージカルらしさ」

が似合う劇団なので、どうしても昔のMGMミュージカル風オーケストラや

ビッグバンド、吹奏楽、などやたらに編成の大きい曲ばかりになってしまいます。

その分、作業も膨大なわけで、もう、

1人黙々、カタカタ、黙々、カタカタ・・・ということを

何時間も何日もやり続けなきゃいけない。

私にとってはこの段階の作業はクリエイティブな行為というよりも

単純こなし作業なので、ハッキリ言ってつらいです。

あー、こんなの演奏者に譜面渡してハイッてやってもらえたら、

10倍早く、10倍かっこよくできるのに・・・とか思っちゃうと、ね。

 

もちろん、機械の操作をして音楽を作るという行為そのものが楽しいという人も

たくさんいると思います。そういう人が

最新流行の音楽を作る「クリエイター」として活躍していくのでしょう。

でも、私はこの行為自体つらくてしょうがないということが、

最近ますますハッキリしてきました。

私は、やっててつらいことは見切ってやめていく主義なので、

こういう打ち込み作業っていうのも、今後あまりやらなくなるだろうと思っています。

 

だから、今回のこのミュージカル、

近々ではとりあえず最後の打ち込み仕事だから、

つらいつらいと言いながらがんばった!

そんな汗と涙と念がこもってますよー(うそうそw)

それでもがんばれたのは、団員の皆さんへの「愛」でしょうね。

曲の出来はどれもいいですよ (^ ^)

ハリウッド風、ブロードドェイ風、ビッグバンドジャズ風、ウィーンオペレッタ風、

軍楽隊風、レトロ・ロックンロール風、西海岸バラード風、・・・色々あり、

それに専門の先生の振付けでダンスがついて、さらに楽しくなっています。

 

これが終わったらしばらくは、勉強に時間を使います。

大学の勉強、そしてそれ以外の勉強。

次の場所へいくために、少しずつシフトです。

 

ミュージカルの本番は5月14・15日。

アマチュア劇団にもかかわらず、毎回大人気でチケットは完売の勢いですが、

まだ若干ならあるかもしれません。

公式サイトというものがないので、添付のチラシをご覧ください。

お問い合わせはこちらへ

 

株式会社サンクアソシエイツ

03-3505-3104   ikiyoshi@mercury.ne.jp

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

R-Spirit トーク&ミュージックライブ Vol.2「決めて、進む!」

常識や形よりも、自分の心に従って"本来の自分"を生きる。そんな心のスイッチをONにするライブ

2018年9月14日(金)南青山マンダラ

ビリーフリセット初級講座9月コース

「自信がない」をリセットしよう!「自分」とうまくつきあう究極のセルフマネジメント

これまでに、のべ400名以上の方が受講。
「私、どうしてこうなってしまうの?」
「やりたいのにできないのはなぜ?」
「自信がないのはなぜ?」
などの、自分についての謎やモヤモヤが解けた!楽になった!と毎回好評いただいています。

9/22(土)・10/20(土)全2回

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。