災害や人の不幸に「何もできない」と落ち込んでしまったら

災害や人の不幸があると、直接影響のなかった人が「自分には何もできない」といって罪悪感が出たり、自分を責めたりしちゃう人が多いみたい。

でもその感情は古くからある集合無意識を拾って反応してるだけだから、振り捨てていいと私は思ってて。

それ、自分のじゃないから。

してあげられてない、できていない罪悪感。

マクロでいったら、個人よりすっごく奥深くにある、古くからある人類的な集合無意識のプログラム。

ミクロでいったら、子供が母に対して持つプログラム。

「お母さんを幸せにしてあげなきゃ」っていう謎のミッション感と、無力な自分にはそれができなかったという挫折感。

「それゆえにお母さんは不幸なままだ」という一方的な決めつけと、「私のせいで」という罪悪感。

今感じているその感情は、過去のこの感情が刺激されて蘇っているだけだったりするし、で、それ、もういらないと思うんだよね。

災害や人の不幸で罪悪感が揺さぶられる人は、そこのところまで見てみるといいと思う。

べつに見なくてもいいけどね。

そして人は、集合無意識のカラクリ上、なにかあれば罪悪感にスイッチが入るようにできている。

そういう仕組みが自分の中に仕込まれてるんだ、ってことも受け止めているといい。

だからこそ、それは自分じゃない、ということだし、無自覚にそれに乗せられていたら自分を見失う。

その罪悪感をいったん手放したところから、ただ「やれることはやるし、やれないことはやれない。そして私は私として生きる」っていうニュートラルなスタンスが始まる。

でもね、罪悪感が生じるのは、その奥にもともと大切に思う気持ち、つまり愛があるからこそ!ということもできるんです。

それも受け止めていい。

ただ、その表現がなんだかねじくれて罪悪感に変質しちゃってるんだと思います。

「罪悪感はいらない」っていうのは「もうねじくれなくていい」ってことです。

大切なら「大切」っていう気持ちに純化して、「あー、大切」ってたくさん味わっていいし、悲しみを感じたら「あー、悲しい」って味わえばいいよね。
それは慈悲っていう尊い気持ちです。

そんな元を思い出して還ってゆくこと。

そして過度にテレビを見ないことも、ニュートラルでいるコツかもしれません。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

岡部明美・大塚あやこコラボ 3daysワークショップ @東京・九段下

7月3日(金)~5日(日)

人生の転換期を超え、ネクストステージへ

岡部明美と大塚あやこのダブル講師が、人生変えたい方の背中を押し、「人生の新しい扉」を開く。

話して整理!しませんか?【期間限定 応援価格】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週1回配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)
だいたい週1回配信中

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)