上を見て山に登ろう


何かをはじめる
何かに取り組む
何かを作り出す

新しいこと
やったことないこと
頼まれたこと
やらなきゃいけないこと
・・・などなど

そんなふうに
何かをやろうとする時、
どんなことを思いながら始めてるでしょう?

その時に頭の中にどっちが思い浮んでる?

1.なってほしくない状態、こうなったら困る事態、恐ろしい結末

2.なってほしい状態、こうなったらうれしい事態、最高の結末

さあ、あなたはどちらですか?

恐怖エンジン

意外なようですが、だいたい1番でやってる人もけっこう多いです。

つまりわかりやすく言うと1番は

・失敗しないように
・怒られないように
・責められないように
・お金がなくならないように
・クビにならないように
・迷惑かけないように
・面倒なことにならないように

を最大に考えてる状態です。

てことは、最大に想像しているのは

・失敗する私
・怒られてる私
・責められてる私
・お金がなくなっちゃった未来
・クビになっちゃった未来
・迷惑かけてる修羅場
・面倒なことになってる修羅場

の映像なんですね。

それら全体に共通しているのは「恐怖」です。
恐いことになるのがとっても恐い!

だから
恐いことにならないために
恐いことを避けられるために
どうすればいい!?

もう頭の中ほか、自分の中全体が
そういうトーンになっちゃってる。
そのトーンで、どうしようか考えたり、がんばったりしてる。

パワーは出してるんだけど、いつも恐怖に追い立てられているのです。

これをビリーフリセット®︎では「恐怖エンジン」て言ってます。

これってすごくしんどいし、楽しくないし、ものすごくストレスになります。
本当の意味で「やる気」はでません。

「やらなきゃ!」と思って無理やり「やる気ださなきゃ!」みたいなかんじになります。

山登りにたとえたら、
下ばかり見て
「落ちる〜、落ちる〜!」と言って
登ろうとしてるみたいなもの。

なんか変ですね?

歓びエンジン

その逆に2番は、「歓びエンジン」といいます。

・こうなったらいいな
・こんなふうなら素敵
・こうならもっとよくなる
・これならうれしい
・こうしたらもっと楽しい
・こうなったら最高!ハッピー!ワクワク!

みたいな想像をしているか、ということです。

それは山登りでたとえたら「頂上」を思い描いて、上を目指して登るようなかんじになります。

やる気がでますし、登るんなら、やっぱりそれが自然ですよね。

頂上に行ってみたいから
「登りたい」と思うから
登る。

「たい」が原動力です。
「たい」と思うのはそれが「歓び」だからです。

「歓び」を原動力として出す「歓びエンジン」のパワーは、とても楽しく回ります。

生きるのが楽しくなり、元気になってきます。

恐怖動機から、歓び動機へ。
この転換は、今の時代的なテーマでもあります。

ただ自分の意識のスイッチひとつの問題なのだけど、すごくその違いは大きいです。

「ほしい」を自覚する

悲観的なタイプや、ボヤキっぽいタイプの人は

「こういうのはいやだ」
「こうなったら困る」
「これは違うでしょー」
「これは許せん」

みたいなことはすぐに思いつくけど

「じゃあ、どうしたいの?」
「どうだったらいいの?」
「何なら理想的なの?」
「どうだとうれしいの?」

っていわれると、とたんにアヤフヤになっちゃうことも多いです。

こういう方たちの多くは、子供の頃からガマンばっかりしてきて、自分の「したい・ほしい」「うれしい」といった「望み」に関する部分を押し殺してきた習慣が強いんですね。

だから自分の「望み」のことなんか、考えたことも感じたこともない。
だからわからなくなっちゃった。

とても気の毒であり、そうなってしまったのは仕方ないんだけど、でも、だからこそ、今からでも気がついたら変えていけるんです。

少しずつ、「望み」の回路に電気を通していくのです。

まず自分が「望む」ことに許可をしましょう。

自分はどうだったら「うれしい」のか。
どうしたら「喜べる」のか。

そっちを思い
そういう未来を思い描くクセを
つけていきましょう。

何かをはじめる前、取り組む前に、
この件がどうなってほしいのか、
どうなったら最高なのか

いちばん理想的に描ける姿や未来を
想像してみましょう。

最初は無理やりでもいいから。

実際、紙に書いてみるといいくらいです。
ホントに。

そうやって、最初に「頂上」を思い描いて物事にあたると、もっと楽に、楽しくなります。

歓び。
望み。
欲すること。
楽になること。
楽しむこと。

それは罪じゃないし
わがままでもないし
人を裏切ることでもないし
ダメになることでもないです。

むしろ生きる力です。
いのちを生かす原動力。
それは自他を生かす力。

そうです、結果として
自分だけではなく
他者をも生かすことができる力になります。

けれど、今書いたような

歓び
望み
欲すること

という文字にひっかかりを感じる人は
それらによろしくない定義がつけられていますね。

いつからその定義が埋め込まれたのか
どれだけその定義を信じ込んでいたのか、
振り返ってみよう。

そしてそれが本当なのか。
今を生きるあなたにとって
その定義が本当にまだ必要なのか。
検討してみよう。

頭の中の
「ならないように」を
「なったらいいな」に転換する。

下を見るより
上を見て山に登る。

気持ちが変わり
日常が変わり
人生が変わっていくでしょう。

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。