存在に文句は言わせない。究極の自信の持ち方

 

「自信がない」の本質とは?

「自信がない」ってとってもたくさんの人が言う。

多くの場合それは「自分にはできる気がしない」っていうこと言っていたりするけど、それをさらに翻訳すると「自分にはできる力なんてない気がする」っていうことになる。

私たちは「自信がない」ことに、たくさんの理由をみつけてくる。

・あれがないから
・これができてないから
・アレがこうだから
・ソレもああだから
・だって実際あの時ああだったし
・この時だってそうだった・・・

などなど、挙げてみたらきっと何百個も、自信がない理由を集めてこれるだろう。

これらの理由の結論はつまり何かというと
「だから、こんな私じゃだめだ」
なんですよ。

「自信がない」と言っている時、それはつまり
「こんな私じゃだめだ」と言っているんだね。

つまり、諸々本当はなければいけないはずのものを、できてもいない、持ててもいない、そのままの自分じゃだめだ、と。そういうわけです、論理としては。

「存在」とは、いること

でもね、究極、自信というのは
そのままの自分でもいい、ということなんだ。

・あれがなくても
・これができてなくても
・アレがこうであっても
・ソレもああかもしれなくても
・実際あの時ああだったとしても
・この時だってそうだったとしても

それでも、自分が存在してることにビクとも揺るぎがない、ということなんだ。

そう。自信とは「存在」していていいと思えることだ。

存在とは、いること。

いていい。

どこに?

この世界に。宇宙に。

どんな自分であっても。
どんな姿であっても。
何ができなくても。
何を持ってなくても。

自分が生きてここにいることに、誰も文句言う筋合いないってこと。

でもどうして、みんな「自信がない、自信がない」って口を揃えて言うのかっていうと、

みんな昔どこかで誰かに「そんなお前じゃだめだ」と言われた記憶があるからなんだね。

実際言われたことはなくても、きっと言われてるんだろう、思われてるんだろう、と思ってしまったことが、きっとあるね。

それはとっても怖い言葉だった。
ぐっさりと心に刺さってしまう。
心が凍ってしまう。

そしてあなたは、その「そんなお前じゃだめだ」をぐっと自分の内に呑み込んだ。

「そうか、そうなんだ。きっとそうなんだ。ごめんなさい。」

さあ、もう呪いはかかった。
呪いというのは信じたところから始まる。

だれかの「そんなお前じゃだめだ」をまんまと信じて
「こんな自分じゃだめだ」と自分のものにする。

呪いにかかったら、以降ずっと「そんなお前じゃ」の「そんな」の部分をどうにかして消そうとしたり、なくそうとしたり、隠そうとしたりして、自分の奥の暗い箱の中に閉じ込める。

そうやって、存在を封じられた自分の一部が
心の奥底で「これじゃだめだ、これじゃだめだ」
つまり「自信がない、自信がない」と言うんだ。

これは、人間が人間として生まれて育つということ自体に、仕掛けられた罠だ。

誰もがかかるものだから。
あなた一人じゃないから大丈夫。

でも気がついた人から呪いは解くことができる。

呪いを解く

さて、ではどうする?

過去どこかで誰かに言われた「そんなお前じゃだめだ」を、自分の中から追い出す。

はい、キャンセル。
もう信じない。

「そんなお前」であろうと
「こんなお前」であろうと
あなたは実際、生きてここにいるのだから。

存在しているのだから。

実際、いるし。

今日まで何年、生きてました?

生きてるってことは、いるんだから。

たとえ究極、親が望んでなかった、産みたくなかった、育てるのが面倒だった・・・だとしても、実際命を持って生まれてきて、今日まで生きてるってことは、宇宙が存在を許しているということなんだ。

宇宙に許されてるんだから、いいんだ。
宇宙がいいって言ってるんだから、安心していいんだ。

ちっちゃな人間ごときが文句言う筋合いじゃないのだ。

文句を言われたとしたって、
それはあなたのせいじゃないのだ。

言う側が自分の都合で言いたいだけ。

言わしとけ。

 

さあ、心の中で過去に戻って。
はるか昔、いつか誰かに
だいたいの場合は親に
言われたあらゆるあなたに関する文句を
今、全部お返ししよう。

「それ、自分のじゃないし!関係ないし!」
「それ、あなたの荷物。持って帰って!」
「私、いるし!生きてるし!」

これね、今問題にしているのは、大人になったあなたが今出会ってる人たちじゃないこと、理解してほしい。
今ムカつく上司や、感じ悪い同僚や、大事にしてくれない彼氏とかじゃなくて。

そもそもの発端になった、呪いの一番最初の頃の登場人物のこと。

子供のころいじめられた人は、いじめた子たち。
先生に否定された人は、先生。
親に否定された人は、親。

心の中でその頃のあなたに戻って
その人たちに向かって思いっきり言うことだ。
もちろん、声を出せる場所なら、実際声に出して言ったっていい。

自分の身体中の細胞から、思い切り瞬間的最大ビームを出して
せーのっ!!

「うるさい!黙れ。」

「私(俺)はいるんだよ!」

あなたが力を出すことで
あなたの存在を自分で守る。

あなたが守ってあげなかったら、誰が守るんだ。

存在とは、生きてそこに「いる」ことだ。

存在することに、誰も文句は言わせない。

言われたとしたって
存在は減りもしないし汚れもしない。

だって、実際いるんだから。

その気合いを、いつも持っていましょう。
それが「自信」というものにつながっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更に引き上げ、ステージアップをさせる個人セッションやワークショップを開催。活動4年で延べ2,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。