生まれて初めて大波に体当たりして思ったこと

今日、「頭サイズの波」というやつに、生まれてはじめてぶつかってきた。

私は今年の6月からボディーボードをやるようになり

プロのレッスンを受け、自分のボードをオーダーし、先輩ボーダーさんをご縁に鵠沼通い・・・という展開になっているのだ。

 

今日の鵠沼は、台風前のウネリが入り、サーファー大喜びのいい波が打ち寄せた。

波乗りの世界では、波の大きさを、ヒザ、モモ、コシ・・等、身体のパーツの高さで表現する。

今日は「アタマ」と先生が言っていた。

「アタマ」とは、人の身長くらいの高さであり、つまりかなりデカイのである。

こちらは穏やかな日の鵠沼海岸

 

ボディーボード始めて1ヶ月の初心者の私が、自分一人でそんな日の海に入るわけがないのだけど

この日申し込んでいたレッスンは平気で決行だったので

先生ともう一人の生徒さんとでいざ海へ。

もちろん波打ち際には、普段より何倍にもサイズアップした波が、大きく崩れてゴンゴン打ち寄せている。

そこをかき分け、どんどんやってくる波をさらに乗り越え、先生ともうお一方はズンズン沖に出ていく。

私は崩れる波に吹っ飛ばされそうになって出ていけない。

次の大波を越えられない。

 

苦闘しているうちに二人は彼方へ消えて行き、私は自分の圧倒的な無力を悟った。

無理。今日は私には無理!

波打ち際に立ってただ沖を見ていることにした。
ああ、一人ぼっち・・・
あれ〜  いちおうレッスンなんだけどな(笑)

 

しばらく休憩していたら先生が戻ってきたので、もう一度がんばって海に出る。

こんどは一緒に付き添ってくれた。

波に乗る以前にまず乗れる場所まで出なければならないので、初心者にとってはそこまでが一つのチャレンジ。

立て続けに目の前にそそり立ってくる波に気合で体当たりして、時々頭から突っ込んで突破。

(ドルフィンスルーなんていう技はまだできないのだ)

 

どうにか目標の地点まで漕いで到着。
ふう〜〜、体力!
波のパワーってすごい。

そして先生のアシストを得てどうにか3本ほどテイクオフして乗ることができた。

 

こちらは別の日。ゆるい小波

 

怒涛の真っ只中でボードをつかみ、どうにか姿勢を保って進むことで精一杯。

今自分がどの位置でどうなってるのかなんて、見渡す余裕もないです、もう。

 

まあしかし、いい経験した。

普通に穏やかな海水浴だけしてる人生だったら、こんな日の海に入ることもなかったし

こんな大波に体当たりすることもなかった。

やってみるとどんな感じなのか。

やってみて身体でわかることだ。

こういうことなのか、とちょっと知った。

 

そしてこういう海ほど、上級者の天国。

初級者は敗退。

それがリアルな実力の世界。

この感じは覚えがあると思った。

ジャムセッションだ。

鎌倉ダフネのジャムセッション

 

ジャズクラブで、いろんな楽器のプレイヤーが集まり、その場でメンバーを組み合わせて即興で演奏する。

そんな遊びをジャムセッションという。

プロ、セミプロ、アマ、初心者・・・いろんなレベルの人が同じステージで演奏するところも一つの面白さではある。

初級者レベルに上級者の人が合わせてくれることもある。

そんなゆるくてなごやかなセッションもあるけど

しかし、上級者同士で高速で難しい曲をゴンゴン回して、初級者が振り落とされて惨敗するようなセッションもある。

 

やっぱりここも実力の世界だから、上手い人が天国で、下手な人は敗退の世界なのだ。

だから、悔しかったら練習して上手くなってこい!という話。

この感覚を私は音楽の世界で知っているから

そして初級者で惨敗の経験も、上級者で余裕〜の経験も、両方あるから

ああ、そういうことだよな、と波乗りの世界に重ねて思ったのだ。

 

鎌倉・材木座の海

誰もが初心者から始めざるを得ない実力の世界。

スポーツや芸事をはじめとして、あらゆる技能や学問、専門分野、みんなそうなのだ。

その結果が如実であるほど、人は謙虚になるのかもしれない。

 

何をどうあがいても初心者でしかない自分を受け入れること。

下手クソさ、無力さ、わからなさ、カッコ悪さを、我が身にホールドして辛抱すること。

開き直って未熟をさらし、素直に先ゆく人に教えを乞うこと。

一つ一つ体当たりでぶつかって、何度も惨敗しながら、それでもやっぱり続けること。

そんなプロセスは、いくつになってもなかなかいいものだと思う。

そうやって、気がついた時に少し振り向いてみると、いつのまにか「ちょっと馴れた人」になっているのだろう。

夏はまだまだ続く。

素晴らしかった今日の夕陽

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます