「助けなきゃ」を手放す

今日はカウンセラーのあり方についてのお話です。
カウンセラーに興味のある方向けのメルマガに書いたところ、けっこうなレスポンスをいただいたので、加筆してブログにしました。
多くの人にとって大事な話だと思います。

私助ける人。あなた助けが必要な人。

さて、カウンセラーやセラピスト等、いわゆる「援助職」といわれる人たちは、一見「人を助ける」お仕事のように見えます。

実際「援助」という字には「助」が入ってますしね。

でも実際仕事をしていくと、自分が「助ける」と思うことがずいぶんおこがましいことであることがわかるようになってきます。

というよりむしろ「助けてあげたい、助けなきゃ」という思いは邪魔であり、クライアントさんのためにならず、どんどん違う方向へいってしまうというリスクがあります。

なぜなら、「助けてあげる、助けなきゃ」という思いは、自分と相手との間に無意識の上下関係を作るからです。

自分は助ける側、問題ない人、大丈夫な人。
この人は助けられる側、問題のある人、弱い人。

無意識にこういう構えになっていると、相手の方の本来の力や、魂としての尊厳を見くびることになります。

それどころか、「自分は大丈夫な人」という側に立つことで、自分自身の弱さや闇や傷から目をそらす、というマインドのトリックにまんまと引っかかるのです。

弱い人、傷ついた人を助けることに奔走していれば、自分のことは見ないで済むからです。

そういう自分を見ないためにこそ「助けなきゃいけない弱い人、傷ついた人」を必要としていないか?

というのが、援助者を志す人が最も越えなければいけない自らのテーマです。

「助けなきゃ」のはじまり

さらにいえば、その「助けなきゃ」という衝動の湧いてくる原点には、自分の親があります。

親のことを「かわいそう、不幸だ」と見て、子供のころから「自分が助けなきゃ」とエンジンを回してきた人生・・・

その延長線上に、援助者としての「助けなきゃ」が回っていることはとても多いです。

それはまだ、自分の「荷物」が片付いていないという状態です。

だからこそ、援助者を志す人は、まず自分と親のテーマ、そして自分自身の弱さや傷に向き合う必要があります。

そうしてニュートラルに自分と他人のことを見られるようになった時、押し付けることもなく、深刻になることもなく、相手が助けを求めてきた時だけ、自分が提供できることを無理なく提供して、何か一役、つとめることができるのです。

体験する自由を尊重する

なぜ、相手が助けを求めてきた時だけでよいのかといったら、たとえ相手が今現在苦しんでいる(ようにみえる)としても、その相手にも、それを体験する自由と権利があるからです。

人の人生、何が最善かは、その本人にしかわかりません。
ご本人にとっては、今その時は、その苦しみを味わう体験が必要だということだってあるのです。

それを味わうからこそ、知りたいこと、学びたいこと、突破したいことがあるのかもしれないじゃないですか。
そんなことは、他人である私たちには計り知れないことですし、むやみにそこに侵入することは、そのプロセスを邪魔することにもなりかねません。

そこにはきっと、個々の「魂の所以(ゆえん)と理由」があり、それゆえの今のその方の体験があるのだと私は思っているので、ご本人の自由なのです。

「大丈夫!」と、その方自身の魂の意向と、力を信じることです。

しかし、だからこそ、そういう方が思い切って助けを求めてきたなら、それは受け止めるべき時。

できることがあるなら、してさしあげればよいでしょう。

結果として相手の方が助かったり、その方も「助けられた、ありがとう」と言ってくださることはあるでしょう。

しかし、その時には、自分の満足や手柄にすることなく、あっさりと
「へえ、よかったね!」
と喜んで、あとは忘れる・・・

そういうあり方が理想だなあ、と私は思うのです。

お釈迦様の言葉にこんなのがあります。

”施して喜び、施した自分と、施しを受けた人と、施した物と、この三つをともに忘れるのが最上の施しである。”

私のとても好きな言葉です。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更に引き上げ、ステージアップをさせる個人セッションやワークショップを開催。活動4年で延べ2,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。