どうしても自己否定がやめられない人へ。それはプログラムだともう見抜いた方がいい

このブログでも講座でも何度も言っていますが、
あらゆる悩み、苦しみ、問題、葛藤・・・の根底には自己否定があります。

自己否定とはわかりやすく一言で言うと
「このままの私はダメだ」という感覚のことです。

「ダメだ」の意味するところは人によって違うけど、

・足りない(欠損感)
・価値がない(無価値観)
・悪い(罪悪感)
・力がない(無力感)

のどれか、あるいは全部だと思ってください。
これが、人間自我に仕込まれた4大自己否定だと言っていいでしょう。

はい、今「仕込まれた」と書きました。

そうです。
自己否定というのは、人間に生まれて自我を持ったら仕込まれる「プログラム」です。

誰に仕込まれるって?

この仕込みに、目に見えて直接手を下している人はいません。

社会構造として、家庭構造として、親子構造として、そして人間の自我構造として。
その中に生まれてしまったら、自動的にこのプログラムが仕込まれることに、構造上なっているのです。

だからその中で子供は「勝手に」自己否定の種を自分の中に育てます。
それがプログラム化してその人の中で発展し、もともとあった「いのち」を脅かしていくのです。まるで寄生生物のようです。

そうやってはびこった自己否定プログラムは、その人が本来持つ「いのちの種」の発芽を阻害します。

本来の個性、本来の力、元々の才能、魅力。
そのような「元々」に対して「それじゃダメだ」という阻害をかけるのが自己否定プログラムですから、元々の力や個性は押しつぶされ、伸びるはずもありません。

だからみんな、
「このままの私じゃ、ダメだー、ダメだー」っていうんです。
まんまとプログラムに言わされています。
だから苦しいし、プログラムを外さないかぎりやめられないんです。

自己否定プログラムが万全に作動すると

自分で勝手に「私が足りない」と言って自分を責めるから、理不尽な事態にも楯突きません。

自分で勝手に「このままの私では価値がない」といって、誰かにとっての価値あるものになろうとがんばって尽くします。

自分で勝手に「私が悪い」と言ってつぶれますから、好き勝手をしません。

自分で勝手に「自分には力がない」と言って行動しませんから、謀反を起こしません。

そうして、余計な自己主張をしない、個性バラバラに飛び抜けたりしない、個のエネルギーを出さず規格に合った「使いやすい駒」が量産されていくのです。

あーら、とっても便利。

誰にとって便利なのかは、考えてみてください。

どれだけ心の勉強をしても、何度もセッションや講座を受けても、
それでもいつまでも「自己否定がやめられないやめられない」といって苦しんでいる人がいます。

それは、プログラムであることを見抜けていないからです。

そこまでやってもやめられないんだったら、それはもう「癒されてない」とか「まだ自分に向き合いきれてない」とか、そういう問題じゃないと思ってみてもいいと思う。

プログラムにあっさり乗っちゃうからです。

自己否定プログラムは、いろんな形であらゆるところに仕込まれています。
油断すると、簡単に拾ってすぐに呑まれます。
電波みたいなものだから、拾って共振したらそのように動かされます。

だから
あんなにセッションしたのに!これだけ気づいたのに!
まだ自己否定がやめられない!

・・・・て
それはまた相変わらずプログラムをどんどん拾って、共振しているからかもしれない。
プログラムだって気づかないと、結局乗せられることになります。

「もう、私はそんなプログラムには乗らない!」って決めましょう。
そして、怪しげなプログラムの発信源からはなるべく離れましょう。
自分にとって良い環境を選んで作っていきましょう。

そのためには、
プログラムを「プログラムだ」と見抜ける、もう一人の確かな「意識の目」を育てること。
実はそのことこそ、重要なことです。

自己否定がとれるとか、解放されるとか、それも一つのステップとして大事だけど、実は究極的にはそこじゃないような気が、私はだんだんしてきました。

いっぺん解放されたって、また無自覚に乗っちゃうっていう、その脆弱性をなんとかすることもけっこう大事じゃないだろうか。

だから、ビリーフをリセットする(それはつまり「プログラムを解除する」ということだけれども)それも大事だけれど、それと同時に

ビリーフをビリーフだと見抜ける意識、
プログラムをプログラムだと見抜ける意識。
ビリーフもプログラムも自分自身ではなく、仕込まれたものにすぎないと、距離をとって離れられる意識。

これを育てることが、最強で無敵です。

それをマインドフルネス、といいます。

だから、ビリーフリセットとマインドフルネスは両輪なんです。
ビリーフリセットが正しく強力に作用するための、基礎体力のようなものがマインドフルネス。

マインドフルネスのしっかりした意識で、プログラムを見抜くべし。
そして「それには乗らない!」と離れるべし。

自己否定がやめられないと嘆くあなたには、一つの考え方としてそれをお勧めします。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします