「プロになる」ことに怖さを感じるあなたへ

自分の持っているものを世の中に出して「プロになる」ってことに怖さを感じる人は多いようです。

私は若い頃から音楽の世界で「プロ」を目指し、20代の頃からプロをやってきたので、自分は「なる」ことの怖さは感じたことはなかったけど、

プロで「ある」ことの怖さというのはずっと感じ続けてきたので、気持ちはよくわかります。

プロになることに怖さを感じることの一つに、おそらく、「この程度?」って言われるんじゃないか、っていう怖い予測があるんじゃないかな。

やったはいいけど、出してみたはいいけど
「えー、なんだこの程度なの?」
「それでもプロなの?」
「へー、それでプロって言えるんだ〜w」
みたいな、そんな冷たい嘲笑の眼差しが来る・・・ような気がする。

ないですか?

それはね、まずは自分が自分のこと「この程度」って思ってる、っていう自己評価の低さの問題もあるんだけど、

同時にね、自分が誰かのこと、けっこう「その程度」って思ってるからなんだよね。

「えー、なんだその程度なの?」
「それでもプロなの?」
「へー、それでプロって言えるんだ〜w」

って、思ったことある人、
正直に手〜あげて 笑(^ ^)

だよね??

あ、だいじょぶ、私もけっこう思うから w

自分がやったことは、人からもされる
・・ような気がするんです。
これは心の世界の法則だから。
両者はイコールなの。
イタイけどね。

でもね、「程度」にこだわる人は、基本的にすごくクオリティ・レベルの基準が高い人です。

向上心と理想が高く、そこへ向かって真剣に努力できる人。
向上とか、成長、上昇とかに燃える人。
ストレングスファインダーでいったら最上志向に当てはまる人なんかは、その傾向が強い。

それは悪いことではなくて、素晴らしいことです。

そういう人は、トップクオリティを実現できる可能性だって持っているわけだから、それ自体は生かしていいでしょう。

ただ、それと同時に、自分の求めるクオリティじゃないものに対しても寛容になることがコツですね。

それはそれとして世の中にあっていいし、そういう世界だって存在することを受け入れること。

それを必要とする人もまた、存在していることを受け止めること。

好きでなかったらべつに自分がそこに関わらなくたっていいけど、そういうのが「あっていい」ってことは思えるといいかもね。

合言葉は「あれはあれでいいんだ」。

人のこと「あの程度じゃダメだ」とバッサリやると、自分のこともまた「この程度じゃダメだ」と、返す刀で恐怖にさいなまれる。
だから動けなくなるんです。

その恐怖から脱出したかったら、自分が人のこと「あれでもいいんだ」って思うことも考えましょう。

そうなんです、実際ね、何の世界でもいるでしょう。

へー、あれでもお客さん来るんだ。
へー、あんなんでも認められるんだ。
なんで、あの程度でもそんなに繁盛してるの⁉︎

なんて思っちゃうような人やお店・・・・
そんなふうに思ったことない?

つまり、あの程度でもいいんですよ。

あの程度でも仕事はやれて
あの程度でもお金はもらえて
その程度でも、共感してくれる人はいて、
支持してくれる人はいる。

それってたぶん「程度」の問題とは別なんだよね。

世の中ってきっとジグソーパズルのようなもの。
それぞれの形をした穴があって、その穴に収まるべきピースがきっとある。

いろんな領域で、いろんなゾーンで、必要としあうお互いっていうのがそれぞれあるんだと思う。

だからあの人は「あの程度」でもいいんだし、自分ももまた「この程度」でもいいんです。

あきらめようよ。
しょせんこの程度なんです、自分なんてw

誰か偉い人に「その程度」って言われたら、認めちゃおうよ。
はい、この程度ですって。

そのかわり、この程度でも「そのあなただからいい!」っていう、それを必要する誰かがきっといます。

届く人に届けばいいじゃないですか。

どこか遠くの偉い人のことばっかり見るんじゃなくて、
そういう人のことこそ、見るべき方向です。

そういう人にどうしてあげられるか考えて、ベストを尽くしながら、精一杯向上していけばいいのじゃないでしょうか。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

zoomビリーフリセット入門講座

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・自分をどう進化させたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?が2時間でわかる

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

メールマガジン(無料)

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

別館ブログ「Rのこころ」

時代の転換期を生きる人へ。

思考と意識をアップデートする

もう1つのブログ

話して整理!しませんか?

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介