「こうなっちゃう人生」を脱出しよう

主導権が自分にない「なっちゃう」人生

なんか、こうなっちゃう。
いっつも、こうなっちゃう。
どうして、こうなっちゃうの?

自分のことや現実のこと
そんなふうに感じていませんか?

結局、そうなっちゃうんだから仕方ない。
どうせ、そうなっちゃうに決まってる。
また、そうなっちゃったら嫌だからやらない。

そんなふうに、諦めていませんんか?

こうなっちゃう。
そうなっちゃう。
「なっちゃう人生」。

こういうかんじを
「人生の主導権が自分にない」
といいます。
これは、そういう意識の状態です。

そういう意識の状態にあると
人生はいつも「なっちゃう」のです。

自分の力ではどうともならない。
何か大きいものに翻弄されて、運ばれて
望まないところへ持って行かれてしまうかんじ。

基本的に、自分は弱く力がない存在
という自己感覚にならざるをえません。

まさに、主導権が他人や周りの側にあるのが
「こうなっちゃうワールド」です。

これは一面においては
自分が何にも考えなくていいし、動かなくていいから楽。
と感じる人もいるかもしれないけれど
その代償として
どこまでも無力感・自己否定感がつきまといます。

それでもいいからとりあえずの「楽」がほしいのか。
それとも
そんな「こうなっちゃう人生」にはもうウンザリなのか。
そこは好き好きの選択ですね。

「こうなっちゃう人生」脱出するには

「こうなっちゃう人生」にウンザリした人は
脱出を望んでもいいのです。

脱出するためには、何が必要かというと
自分の心を知ることです。

なぜなら「こうなっちゃう」ワールドでは、
自分の内側(心)がどうなっているのかが
自分でまったく見えていない。

自分以外の他人や現象ばかり見てしまって
自分の内側を見る、という目がない。

それこそが
「こうなっちゃう」の最大の原因だからです。

実は、「こうなっちゃう」わけは、
自分の内側にあります。

私たちの心の中には、生まれ育つ中で
無意識に無数の「プログラム」が設定されます。

プログラムが設定されたら以降
自動的にそれが発動して
物事を見て→感じて→解釈して→判断して→行動します。
この一連のフローはあまりにも自動的で
「そうしている」という自覚が入る余地がありません。

自分の意識ではまったくわからないままに、
プログラム通りに情報が処理されて
行動になっていくのです。

行動する(しないも含めて行動です)ということは
現実に関わっていくということですから、
現実には何がしかの結果が生まれます。

それは、自分のプログラムの回路を通って
生まれた結果であるのですが、
その回路で動いている仕組みが
自分で全くわからないので
私たちは出てきた結果だけを見て
「なっちゃった」と言うのです。

「こうなっちゃった」んじゃないんです。
「こうしちゃってる」んです。
私が。
じゃなくて、
「私のプログラム回路」が。

この考え方に転換できるかどうかが、
「こうなっちゃう人生」脱出のカギとなります。

大事なことは、プログラムは「私」じゃないということ。
私に入っちゃった「私じゃないもの」です。
ここ、すごく重要です。
プログラムは「私じゃないもの」だからこそ
「私」が気づけば、外して抜けられるのです。

プログラムから出てはじめて「外」がわかる

とは言っても、
このプログラムのカラクリを
プログラムの真っ只中にいる状態で
自分一人で気づいたり見抜いたりすることは
まずできないと言っていいでしょう。
ものすごく巧妙にできてるんです、このプログラムって。

たとえば、生まれた時から水の中で泳いでいるお魚に
「キミは水の中にいるんだよ」って言ってもおそらく意味がわからないでしょう。
水の中しか知らないのですから。

そのお魚が、ある日海の上までびょーんと釣り上げられて、空気というものに初めて触れたその時、
「なんだここは!あー、私は水の中にいたのか!」
とわかるでしょう。

あるいは、実際に空気に触れることはなくても、海の中でイルカさんに
「ここは水の中といってね、この上へ出ると空気っていうのがあるんだよ」
なんていう話を聞いていれば、行ったことはなくても
「この世界はどうも、ここだけじゃないらしい」ってことはわかりますよね。

そんなかんじで、
デフォルトでプログラム設定の中にいる状態から出るためには
最初はどうしても、第三者の存在や、自分以外の知識から
「ほら、これがプログラムなんだよ!
 プログラムから出るってこういうことなんだよ。」
と教えてもらう必要があります。

そうやって、プログラムの性質を知り、
気づき方や見抜き方を知り、
そのプログラムから出る方法を知ったら
これはものすごく強力です。

こうなったらまさに、自分の内側が
「わけのわからないブラックボックス」ではなくなるのであり、
内側のこれが動いて現実がこうなる
という法則性が腑に落ちてきます。

自分の内側次第で外側の現実が作れる
という自己効力感が育ってきます。

そしたらこんどは
自分が意図して
自分の選択をし
自分の意思で行動し
現実に関わっていくのです。

自分の意図と意思の力を
信じられるようになる。

自分がそれを選択しているのだと
実感を持てるようになる。

選択したことを行動して
結果に納得を得られる。

これが、主導権を自分に取り戻すということです。

「なっちゃう人生」じゃなくて
「しようと思ってしている人生」です。

こうなると人生は、かなり楽しいものになります。

「〜られる」「〜される」といった思いをあまりしなくなるし
して「くれる」か「もらえる」か、といったことでの一喜一憂が減ってきます。

自分がどうしたいか。
そこにいつも立ち返る余裕がでてきます。

つまり「他人軸」から「自分軸」へ。

ビリーフリセット®というメソッドはまさに
私たちが無意識に動かされてしまっている
「プログラム」に関する理論と取り扱い方法の体系です。

知れば、取り扱いが可能なのです。

ビリーフリセットは、プログラムから出るためにあります。
プログラムを外すためにあります。
「なっちゃう人生」から脱出するためにあります。

多くの方が、この心のプログラムの取り扱いができる人になり
「なっちゃう人生」から
「しようと思ってしている人生」へ。
そんな転換へ導かれることを
私は願っています。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします