どうにかしたいなら、Doingしないとね

vn39uekx00s-scott-webb

「がんばらなくていい」の意味

BeingとDoing という言葉は
最近だいぶ知る人が多くなっています。

Beingとは、あり方。存在。
Doingとは、やり方。行動。

どっちが大事とかじゃなくて
どっちも相互に重要視しようよ、
というのが
私たちツナゲルのコンセプトでもあります。

最近流行っている

がんばらなくていいよ
そのままでいいよ

っていうのは
苦しみながらがんばっちゃう人に効く言葉です。

がんばっちゃう人っていうのは
逆にいうと、がんばれる人。

つまり、やるときゃやれる人。
やったら、かなりやっちゃう人。
だから、やれちゃって
それなりに結果出すこともできちゃう人です。
つまりDoingはまかせろ!という人たちね。

それはすばらしいことなんですが
ただ、こういう方達は
その奥の原動力が、欠乏感や罪悪感である場合も多く
そのがんばりが
苦しくしんどいものになっちゃうことも多いのです。
Being(存在)にOK出せてないから。

だからこそ
「がんばらなくていい」が効くのです。

あなたという存在そのものは
がんばらなくても、いい(OK)よ
そのままで、いい(OK)よ

ということです。
そのままいても、何も欠けてないし、罪でもないよ
ということです。

つまり

がんばらなくていいよ
そのままでいいよ

はBeingについての話なんだね。

それでエネルギーが中和されてニュートラルになるから
結果的にもっと楽にDoingできようになるし
やらなきゃ!じゃなくて、やりたいからやるし
やりたくなかったらやらなくてもいい。

「がんばらなくていい」なんて言っている有名な先生たちも
実はもともとかなりやってきた人たちなんです。
Doingの底力があって
やればできちゃう人たちです。
そうやってさんざんがんばってきて
結果出してる過去があります、皆さんそれぞれに。

そこまでやったからこそ
「なんか違うな、もう違うな」って気がついちゃって
だから「がんばらなくてよかった!」というところにたどり着いたのです。

がんばったことがない人の場合

そもそもこれまで
がんばったことがない人や
もともとそんなにやらない人や
やり方がわからない人が

がんばらなくていいよ
そのままでいいよ

をそのまま信じると、
ちょっと微妙に違うかも。

Doingを
そんなにがんばらなくたって
まあそのまま、そこそこ楽にしてれば
なんかどうにかなるのかな、って

思うのだったら
それはどうにもならんのでは?と
私は思うのです。

もちろん、この人生
それほどガツガツ
どうにかしたいとか思わない人はいいんですよ。

でも、なんか成したい、
自分の思う方向に動かしたい、と思うなら。

Doingしないとね。

この現実世界は
BeingとDoing両方で動いていく世界です。

やっぱりDoingなしでどうにかなるのは
難しいと思うのね。

だから、やらない人は
まずやらなきゃだと思うのよ。

やり方わかんない人は
やり方から習って、コツコツ練習するのよ。

Beingは そのままでいいから

がんばってDoingしたことがない人は
とにかくがんばってやることが課題です。

無心に
必死に
がむしゃらに
勤勉に

どうやったらやれるのか
しつこく考えて
できなかったらできるようになるまで
しつこく食いついて
こうしてみたら、こんどはああしてみたら、と
追い求めて
かつ、すぐに結果を求めず淡々と

やることです。

現実動かしたいならね。

やりたいの?やりたくないの?どっちでもいいんだよ。

だけど、たぶんなー
「わかってるけど。やろうと思ってもやる気がしないんです〜、体が動かないんです〜、そこまでやりたいかどうかわかんないんです〜」
ていう人も多いんだろうなーと思います。

そういう場合どうするかは、すごく個別に色々あると思うので
ここで一括にこうだとは言えません。
いろんなものが絡んでくるからね。

でも、一つはいえる。

そんなにやりたくないんだったら、
ほんとはそこまでやりたくないのかもよ?

だったらやらなくてもいいんだよ。

やりたいことやってワクワク生きなきゃいけない、ってわけでもないんだよ。

楽がしたいなら
「楽がしたい」が
いちばんやりたいことなのかもよ?
だったら楽しててもいいんだよ。

なんにも成さなくたっって
ただそのまんま普通に生きていたって
いいんだよ。

すごくならなくてもいいんだよ。
そこそこで満足したっていいんだよ。

前向いてなんか成したいなら
がんばればいいよ。

べつにそうでもないなら
がんばらなくていいよ。

どっちで生きたいの?
どっちでもいいんだよ。

だから、こういう時にまた

がんばらなくていいよ
そのままでいいよ

なんです。

好きなようにしたらいい。

ほんと、どっちでもいいんだから。

ただ、ほんとにやりたいなら
ほんとに何か成したいなら
目指すなにかがあるんだったら

やれよ!
がんばれよ!

なんだよ。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

人の話が楽に聴けるようになる 傾聴実践講座

人の話を聞くのが苦手な人も。人の話を聞きすぎて疲れてしまう人も。楽に話が聴けて心が通うようになります。

都内 11/27(水)、12/7(土)/鎌倉 12/9(月)

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない、自分がわからない・・・「私なんでこうなの?」のわけは心の奥の「ビリーフ」だった!

自分とのつきあい方がうまくなる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)