自分にOKを出して前に進む!

究極の煩悩は「自分で自分がわからない」こと・ビリーフリセット理論で煩悩を考える3

candle-647197_640

わからなければ対処しようがない

貪るのはいけない!貪るのはやめよう!思っても
怒るのはいけない!怒るのはやめよう!と思っても

煩悩をどんなに、断とう!捨てよう!なくそう!としても
また出ちゃった、またやっちゃった、我慢しきれなかった・・・
またか、またか、の繰り返し。
やっぱりダメ、やっぱりムリ、やっぱり自分は・・・
失望と自己嫌悪と諦めの繰り返し。

どうしてそうなるのかというと、感情として現れてくる煩悩は、
その奥の無意識領域に「製造元」があるからです。

これまでの記事
→煩悩は「断つ」ものなのか?ビリーフリセット理論で煩悩を考える1
→怒りは意思でコントロールできない。ビリーフリセット理論で煩悩を考える2

私たちの無意識(別名・潜在意識:自分でわからない意識の領域)には、欠乏感などの漠然とした前提となっている感覚や、数々のビリーフ(信じ込んだ考え)、過去の痛い感情などの諸々がテンコ盛りになっています。

と言われても
「ん??そうかな?よくわからないな?」
と思われたとしたら
まさにそれこそが「無意識」ということです。

はっきりあるとは思えない。あるとかないとか、わからない。
無意識ってそういうかんじ。

その無意識領域にあるアレやコレやが、煩悩という苦しみを生み出しているのですが、いかんせん自分でわからない領域にあるので、わからないんです。

わかってれば苦労はしないんです。
対処もできます。
でもわからないから、わけもわからずずっと苦しむ。
対処のしようがない。

やっかいですね。

これ!
この 無意識下にあって自覚できず、わからない ということ。

もう少し簡単にいうと

自分で自分のことがわからないこと。

これがすべての苦しみの根本です。

これが仏教でいう「無明(むみょう)」っていうやつなんじゃない!?
・・・と、ひらめいた時には、わたしちょっとゾクゾクしちゃいました(^ ^)

痴(ち):わからないのが最大にやっかいだ

三毒の3番目である「痴(ち)」は、別名「愚痴(ぐち)」ともいわれ、また「無明(むみょう)」のことだともいわれます。

愚痴といっても、いわゆる「飲み屋で会社の愚痴を言う」とかの愚痴とは違うんですよ~(^ ^;;「愚かでものがわからない」という意味です。

一般的には、三毒の3番目の痴(ち)とは、
おろかさ、物事の道理・真理をわかっていないこと

などといわれているようですが、
私はそれだとなんかよくわからないなー、と感じていました。
「おろかさ」ってどゆこと?? みたいな。

でも、この「無意識下にあって自覚できず、わからない

ひらたくいえば「自分で自分のことがわからない

そういう「わからなさ」のことを 痴 = 愚痴 = 無明 というんだ、
ということであれば「ああ〜!」と腑に落ちます。

一説には、三毒(貪・とん、瞋・じん、痴・ち)の中でも、この「痴」こそが一番の煩悩の元にあるものだといわれているようです。

つまり、いちばんの親玉!ということであり
煩悩のラスボス!みたいなもんでしょうかね。

なるほど、その通りだと思います。

三毒の1つめ2つめである貪りも怒りも、「無意識下のわからないシステム」が回って生み出される煩悩です。
すべての煩悩と苦しみの繰り返しは、「無意識下にあって自覚できず、わからない」ところから生じているのですから。

わからないかぎり一生苦しむんです。
残念ながら、これはほんとにどうにもならないですね。

いっぺん絶望するしかないくらいどうにもならないと、私は感じます。

無明を超えるためには「気づく」こと

forest-379062_640

無意識(潜在意識)領域という暗さ・冥(くら)さ・明かりの無さ。

それはつまり
自分という人間、存在そのものの「わからなさ」であり、心の暗黒領域だといえるでしょう。

それほど私たちは、自分のことがわからないということです。

だからこそ、この無明を超えるための修行というのは
まず徹底的に「気づく」ということにあるのです。

気づかない、自覚できない、わからない、自分の心と身体と行動あらゆるものに、気づきを向ける、自覚していく、わかっていく。

無意識という暗黒の領域に、少しずつ光を当てて、日の目を当てて。
「おお、これかー!こんなのがあったのかー!こうなっていたのかー!」と気づいていくこと。

微々たる歩みかもしれませんが、それは一つ一つ自分の中の暗黒を減らしていく歩みです。

その暗黒が減るたびに、確実に意識の上では軽く、楽になり、苦しみは減っていきます。

暗黒領域にある荷物に光が当たっていったなら、おのずと「煩悩の嵐」のようなものも静まっていきます。

「断とう!やめよう!」と力まなくても、やる必要性がないからやらなくなるということです。

かわりに、穏やかさや、ゆとりや、喜びや、幸せを実感するようになるでしょう。

そしておそらく。
ここから先は私が自分で経験したわけではないので、実感レベルではないのですが、最終的には、「私」というものはなかった! という気づきに至るのではないでしょうか。

いわゆる、梵我一如(ぼんがいちにょ)とかノンデュアリティとかいわれるところ。

究極的には、そのことをわからずに「私」や「他人」や「世界」なんてものがあると思っている、というそのことが「無明」というものの本質なのかもしれません。

まとめ

・煩悩をどんなに「断とう!捨てよう!なくそう!」としてもなくなるものではない。

・煩悩の奥には「無意識領域の暗黒」があり、悩み苦しみはここから生じている。
つまり「自分で自分のことがわからないこと」。これが煩悩のいちばん根っこである、「痴」すなわち無明(むみょう)というもの。

・苦しみを脱して楽になるためには、この無意識の暗黒に光を当てて、気づいていくこと。

まさにこの「無意識領域の暗黒」にご一緒に踏み込み、光を当てて「これかー!」とやるのが、私のビリーフリセット・カウンセリング。
いわば無明へのチャレンジであり、「無明の切り崩し」とでもいいましょうか。

だからビリーフリセットは「悩み・苦しみ、もつれ・葛藤消滅の根本アプローチ」であり、「自分という人間を動かすシステムの解き明かし」なのです。

結局、私がやってるのってそれなんだなーと、書いていてあらためて思いました。

というわけで、3回にわたって、なぜか高野山を歩いていたらインスピレーションが降りてきたw「煩悩と心の三毒」について。私流の解釈で考えてみました。

シリーズはこれで終わりにします。

長々とお読みいただき、ありがとうございます。

お知らせ

ビリーフリセット初級講座 11月コース・12月コース


人生を土台から変える、究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座11月コース、受付しています。
自分の心の仕組みを知って、自分にOKを出し、心と行動と現実を新しくしていきましょう。

2017年 11月コース
キャンセルでました。残席1名さま

第1講:11月25日(土)13:30〜18:00
第2講:12月16日(土)13:30〜18:00

2017年 12月コース
第1講:12月18日(月)13:30〜18:00
第2講:1月15日  (月)13:30〜18:00

新!2018年 1月コース
第1講:1月28日(日)13:30〜18:00
第2講:2月25日(日)13:30〜18:00

詳しくはこちら

 

ビリーフリセット・カウンセリング講座

カウンセラー/援助職等、ビリーフリセット・カウンセリングを「する人」になる本格長期講座、通称BRC。
来年3月から開講します。

詳しくはこちら

セミナーDVD「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月に開催した「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。

amazon で販売中

公式メルマガ・毎週配信中(無料)

大塚彩子メールマガジン「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
登録はこちらから↓
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県
性別
年齢

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県 
性別
年齢

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top