「〇〇したらたいへんなことになる」は本当か?

私たちはほんとは、やりたいことをやりたい。

思ったことを言いたい。
自分の気持ちを伝えたい。
自分を表現したい。
こうだと思ったことを実行したい。

だけど、そんなことはなかなかできない。

・・・と思っている人は多いです。

やりたい自分、したい自分にストップをかけるもの。

それは
「そんなことをしたら、たいへんなことになる」という
漠然とした怖れだったりします。

「〇〇したら、たいへんなことになる」というのは
典型的なビリーフです。

だから、決して〇〇はしない。
怖くてできない。

こうして私たちは
「やりたい、したい」にストップをかけます。

思い込み。信じ込み。
それがビリーフです。

いえ、もっと言えば、
思い込まされ。信じ込まされ。

私たちは、いつか昔、どこかで、
誰かに、何らかの形でそう思い込まされてきたし

あるいは、誰にも言われていないのに
自分から進んで、そう思い込んできました。
良かれと思って。

でも、ちょっと考えてみましょう。
その怖れている「たいへんなこと」って
中身は具体的には何でしょうね?

おそらく

失敗する、変に思われる、冷たい目で見られる、
嫌な顔をされる、嫌われる、怒られる、叩かれる、
受け入れてもらえない、
愛してもらえない、
仲間に入れてもらえない

というかんじでは?

そして、そんなことになったら

傷つく、見捨てられる、孤独になる、
安住できない、村八分になる、
クビになる、露頭に迷う、
生きていけない、のたれ死にする・・・・

というストーリーがもれなく続いているのでは?

でも、ちょっと待って。

それは本当なんでしょうか?

あるいは「たいへんなこと」とは

誰かを傷つける、嫌な思いをさせる、
がっかりさせる、悲しませる、
和を乱す、何かを壊す、

を意味していたりすることもあります。

それは一見、思いやりや愛情のように見える危惧だけれども
実はそうしてしまった結果、やっぱり自分が

嫌われる、仲間はずれになる、傷つく
見捨てられる、孤独になる・・・

ことが怖いし、

そんなことをしてしまった自分が
悪くて、いけなくて、罪深い人であるような気がするし

結果としてやっぱり

嫌われる、怒られる、
安住できない、村八分になる
クビになる、露頭に迷う、
生きていけない、のたれ死にする・・・・

というストーリーを想像している。
それが怖いわけです。

でも、それは絶対に本当なんでしょうか?

自分に問いかけてみましょう。

そもそも、私の「したいこと」とは、
そんなに人に危害を加えるほど危険な行為なんだろうか。

私の「気持ち」とは
そんなに人を傷つけるようなトゲや毒ばかりなんだろうか。

私が何かしたり、何かを言ったりしたら
本当に日本中、全世界、
すべての人が私のことを嫌いになるのだろうか。

誰かに悪く思われたら
本当に生きていけないのだろうか。

共感してくれる人は、本当にいないのだろうか。

波風立つとしたって、
実のところ周りの数人だけだったりしないだろうか。

波風立つことは、本当にいけないことだろうか。
波風を超えた先の、新たな可能性はないのだろうか。

そもそも、絶対に波風が立たない人生って
あるんだろうか。

その波風に向き合えるような、知力・能力・体力は
私にはないのだろうか。

そもそも、それをした結果、
本当に波風が立つと、絶対に言い切れるのだろうか。

人間関係が入れ替わり
人生の舞台が移り変わるということは、
あり得ないことだろうか。

ものごとが変わるということは
必ず悪い方へ向かうということなのだろうか。

行き着く先は、露頭に迷ってのたれ死に。

それは本当ですか?

自分はそんなに無力で、無知で、無能で、
何もできない存在なのだろうか。

考えてみたら、もう私は大人で
知力体力も普通に兼ね備えて
何年も学校に行って勉強もしてきて
それなりに仕事もして、日々を営んで
それだけの知性と良識と甲斐性のある人ではなかったろうか。

それなのに
本当にそんなに「たいへんなこと」になるのだろうか。

・・・・??

もちろん、この問いかけに「正解」はありません。

「こう思ってはいけない、思わなきゃいけない」
ということでもありません。
探求してみているだけです。

ガチガチになった頭をほぐす、運動です。

「〇〇したら、たいへんなことになる」
「〇〇しないと、たいへんなことになる」

実は私たちは、あまり深く考えずに
こうやってたくさんの「たいへんシリーズ」をやっているものです。

そんな考えが浮かんでいることに気がついたら、
本当にそれは「たいへん」なのか。
何のことを「たいへん」だと思っているのか。

ちょっと立ち止まって

それは本当なんだろうか?

と自分に問いかけて検討してみると、
新しい視点を得られるかと思います。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

岡部明美・大塚あやこコラボ 3daysワークショップ @東京・九段下

7月3日(金)~5日(日)

人生の転換期を超え、ネクストステージへ

岡部明美と大塚あやこのダブル講師が、人生変えたい方の背中を押し、「人生の新しい扉」を開く。

話して整理!しませんか?【期間限定 応援価格】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週1回配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)
だいたい週1回配信中

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)