自己肯定とは、自分を肯定することではない

自己肯定とは
 
否定をやめて、自分を肯定することではない。
 
 
ほんとのところ
 
否定か、肯定か、ではない。
 
 
なぜなら

肯定があるところ、否定がある。

否定があるからこそ、肯定がある。

肯定しようと思ったとたん

裏には否定が張り付いている。

肯定は、否定と裏表で成り立っている。

肯定か否定か・・・

それ自体が思考のゲームだから。

 
 
おそらく

もっと究極の自己肯定とは、

自己肯定を超えることだ。

肯定するんじゃなくて

ただ「いる」ことだ。

 
 
私が、いる。

というか、

いることさえ忘れていることかもしれない。

 
 
ただ、生きている。

生きているから

ただ

やるんだったらやっている。

感じるんだったら感じている。

やらないんだったらやっていない。

寝てるんだったら寝てる。

それだけ。

 
 
そんなもんか。

それだけのもんか。

たぶん、それだけのもんだ。

 
 
それだけのことが

自分が自分であることのすべて。

 
 
否定も肯定もないその瞬間、

まぎれもなく、生きている。

ただ、「いのち」でいる。

それが自分であることそのもの。

そこが究極に自在な自分。

 
 
「それでいい」

それが肯定。

 
 
「それでよくても、よくなくても、どっちでもいい」

それは、さらにもっと大きい肯定。

 
 
「肯定したってしなくたって、なんでもいい」

肯定の枠の外へ。

 
 
「いいとかよくないとか、もうどうでもいい」

もうなんにも考えない。

 
ただ、ある、それだけ。
 
 
 

この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます