サウンドトラックはもうやらないんですか?・5

 ついに完結・こういう私として、またね。

Piano and butterflies

これまでの「サウンドトラックのお仕事」とはどういうものだったのか、

振り返ったところで、そして今。

私は、新たにすごく楽しいサウンドトラックのやり方を見つけているのです。

それは何かって?

前回まで 〜その1・ありがとう。そして今までごめん!〜

     〜その2・だからそれが何?がやってきた〜

     〜その3・そういうわけで音楽療法ってことで〜

      〜その4・サウンドトラックというお仕事〜

 

さて、それは現在私がやっているオリジナルの「ミュージック・セラピー」にあります。

老人ホームなどの施設で集団で行われている「音楽療法」と区別をつけるために、私はあえて「ミュージック・セラピー」と言っているのですが、私のセラピーでは完全1対1で、その方の感情に触れ、その方自らご自分の内側を探求したり旅したりして、忘れていた「自分の心の声」や「本当の自分の音色」をみつけていく道のりを辿ります。

そして、音や音楽が、その道のりの重要な手助けをします。

結果としてお一人お一人、本当に色々な音や音楽の使い方になって、どれ一つとして同じものはないのですが、そこで私がやっていることは、まさに「その方の、その瞬間の、その感情のためのサウンドトラック」なのです。

前回の記事で書きました、サウンドトラックの醍醐味、とは。

 

・空気を一瞬にして「ある場所」へ持ってってしまう

・ある状況、どんな空気なのかを、理屈抜きで感じさせてしまう

・ある感情を具体的につかみやすく、より感じやすく、伝わりやすくさせる

・そして、その状況や感情が変化していく様子を、音楽の変化によって表現できる

でしたね。

まさにこの4つを、私のセラピーではリアルタイムで、あなただけのために、あなたの感じているその感情を、状況を、そしてその変化を感じ取って、即興で演奏表現していきます。

主人公はあなた。ストーリーはあなた自身。

そうすると何が起こるのでしょうか。

 

多くの場合、人は日常のアレコレに追われたり、人に言われたこと・会社に決められたことなどに従っていたり、疲れているのにがんばっていたりすると、自分が本当に何を感じていたのかわからなくなっていたりします。

そうすると、なんだかわからないけどモヤモヤしたり、じつはどこかでイライラしていたり、よくわからないけど疲れがとれなかったり・・・でも考えてもしょうがないから「なんとなくストレスが」と言ってすませて、また真っ当な社会生活に戻っていきます。

でも、その「ストレス」とは多くの場合、忘れ去られたり、置いてきぼりにされた、自分自身の本当に感じているものの「声」だったりするんですね。

セラピーでは、そういう 忘れ去られたもの・置いてきぼりにされたもの、

あるいは、

本当は望んでいたもの、本当はもっと輝くはずのもの、

本当はあなた自身のかけがえのない個性であるはずもの

そんなもの達がささやく声を

聴いてあげて、形を与えてあげて、感じて、認めてあげる

そんなようなことをするのです。

 

どうやって?

それが、私の場合は、音と音楽で、ということになります。

その方が語ってくれた「その気持ち」を私も感じて、「じゃあ音楽でやってみますね」と言って表現してみます。

二人で一緒に楽器を使ってやってみることもあります。

 

それは「怒り」や「不安」だったりすることもあります。

「追いつめられる怖さ」だったりすることもあります。

あるいは「幸せだったあの頃」だったり

「私の望む明るくイキイキとした職場」だったり

「種から芽が吹き花が咲いてゆく姿」だったり・・・

 

まさに、サウンドトラック、でしょ。

 

そうすると、形がないゆえに今までなかなかつかみ難かった気持ちに、音楽という形が与えられ、「そう、それ!!ああ、私が感じていたのはそれだったんだ!」といった実感が訪れるのです。

そうすると、今までないことにしていたようなその気持ち=あなたの一部分が、大切で愛おしいものとして感じられ、見え方が全く変わってしまいます。

そうすると、ご自分自身の中で色々なことがつながり、深く腑に落ち、ご自分自身で答えを見つけてゆかれます。

 

人は、自分の本当の気持ちを実感すると、ものすごく納得し、安心し、嬉しくなり、元気になるんですねえ。

そうなると、それまで考えてもいなかったような知恵が降りてきたり、

ありえないと思っていた希望を持てるようになったり

色々なことが変わってきます。

 

そんなセラピーを、音楽を使ってやらせてもらっている時、私はまさに

「私の感じたかったサウンドトラックの醍醐味」を心いっぱいに感じています。

そして、目の前のその人の人生に寄り添い、関わり、幸せへとご一緒したい、という

本来私がほしかった喜びを味わっています。

そしてそれは、作曲家である私だからできることであり、

セラピストである私だからできること。

ほら、つながった ♪

 

そういうわけで、これからの私は、そういう作曲家/セラピストでいきます。

これからも多くの方々の人生に触れて精進を積み、その方だけの心のサウンドトラックを奏でるということに関して達人の域に近づいたら、その先に、もしかしてまた「映像のサウンドトラック」をやる日がくるかもしれないなーと感じています。

その時はもう、今までのような「作曲家」じゃないですね。

「作曲家/セラピスト」という足場で

こういう在り方で、そういう仕事をする人間として

「そういうあなただからお願いしたい!」という奇特なお方がもし現れたら、

「ぜひ、やらせてください!」

という日が来るのかもしれません。

さて、何年後になるでしょうねえ。

 

というわけで、予想外に長くなった連載(笑)もこれで完結です。

「サウンドトラックはもうやらないんですか?」

に、結論が出ましたね。

「いずれまたやるかもしれません。でもこれまでとは違う在り方で。」

「やり方」じゃありません。「在り方」です。

こういうふうに在る私として。

長々とおつきあい下さった皆さま、ありがとうございました。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします