社会人学生の日々7・結局は実力。でも看板もね

 

 

私が今、学びに行っているのは大学です。

「あれっ、大学院じゃなくて?」

「大学出たのにまた大学?なんでまた?」

と思われることもあると思います。なぜ大学なのか。

最大の目的は資格!

 

実は、音楽療法は資格がなくてもできるんです。

医師や理学療法士、作業療法士のような国家資格はありません。

しかし一定の水準や信用を確立するために、日本音楽療法学会というところが

「学会認定音楽療法士」という資格を定めています。

将来的に国家資格承認を目指した働きかけがされていて、

今のところ日本ではこれが一番メジャーな音楽療法の資格となっています。

この資格をとるには、特定の大学/短大または専門学校の音楽療法科を卒業の上、

認定試験を受けるか、臨床の現場で何年も働きながらコツコツと学会指定の講習会に参加した後、認定試験を受けるか、のどれかになります。

私は、所要期間や、どんな先生に習うかなど、諸々考えた上で最短・最善と判断し、大学に行く方法を選んだわけです。

 

単に音楽療法がやりたいということならば、音楽的なスキルに関しては私が既に持っているもので十分であり、

専門知識に関しても勉強しようと思えばする方法は他にもあります。

必ずしも膨大な時間とお金を費やして資格取得しないとできないわけではありません。

また逆に言えば、多くの資格と同様、「資格があれば仕事ができる」というほど甘いものでもありません。

資格というのは、最低限これだけの事は勉強しました、という「勉強済み保証」であって「仕事ができます保証」ではないと私は思っています。

結局は実力 っていうのはどこの世界も同じでしょうね。


それでも、なぜ資格なのか。
こっからが重要。

もちろん「基礎的なことをちゃんとやった」ということが大事なのは言うまでもないですが、もう1つ、ある意味、資格というのは看板のようなものだと私は思っています。

多くの人は初めて人に出会う時、まずは経歴という看板を見てその人を知ろうとします。

その時、それなりの経歴を備えていると、まず最低線の信用という第一関門は直ぐにクリアできるものです。

これは意外と大きいです。

ちょっとイヤな言い方かもしれないけど、そういう側面があるのも現実。

 

というのも実際、「芸大卒」の看板がそのような力を持つことを、私は体験しているから。

最初の段階では、中身はともあれ「芸大です」と言えば「ああー」とか「じゃあ」とか言って、とりあえず次の話が早く進むことが現実としてあるものです。

もちろんその先は実力の問題なので、あくまでも効力は入り口だけですが。

でも入り口だけでも広くなるなら、ね。

だから、この先私が音楽療法に関わるようになって「こんな事をやっています」と標榜した時に、資格の看板があれば「なるほど、じゃあ」と次の一歩を踏み出してくれる人だっているだろうと思うのです。

 

特に、場が公けになればなるほど、この看板がモノを言うのも事実です。

資格があるからこそ行ける病院、施設、現場というものもあります。

そうすれば、そこにいる人に関わる事ができるでしょう。

そこにいる出会うべき誰かに出会い、私だからこそできる何かがあって、その方のためになることがあるのだったら・・・・

その場に行くことができる「パスポート」として資格のありがたみというのも活きてくるんじゃないだろうか?

・・・そんな風に思うのです。

正直言って今から大学通いはしんどいこともあります。

20年近く音楽で仕事をしてきた人間からすると、今更それは・・・と思うようなことだってあります。

「早く現場に出たら」と言って下さる先輩もいます。

しかし、それとともに、色々な先生方との出会いやご縁、そこから広がる色々な経験は、やはりここへ来たから得られることだと感じることもたくさんあります。

色々あるけど、資格という目標と、その先のヴィジョンがあるから。

その予感、直感を信じてみたいから。

時々くじけそうになっても、2年間がんばる。

後から「あの時大学行ったのはいい経験だったねー」

「やっぱり資格とっといてよかったねー」と言えるような未来にしていきたいものです。

 

次の記事

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

◎岡部明美・大塚あやこ・立花岳志 湘南 3daysワークショップ

テーマ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」

5/31(金)~6/2(日)

神奈川県葉山町

湘南国際村センター

ビリーフリセット・ブルーミングスクール5月から

自分の花を咲かせよう。
ビリーフをリセットして
いのちの力が開花する6ヶ月

リアル受講 、オンライン受講あり

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。