ガマンしすぎるのも欲まみれになるのも「自我」のしわざ

前回の記事を見て
こんな疑問が浮かんだ方もいたかも?

自我って「エゴ」のこと?
エゴと自我って違うのかな??

ううー、そこ
けっこう説明難しいな。

人によっていろんな解釈があるけど
自我とエゴは同じもの。
と私はとらえています。

よく「エゴイスティックな人」
とか
「それはお前のエゴだろう!」
とか

なんかエゴっていうと
欲まみれ、自分本位、やりたい放題
みたいなイメージがありますよね。

ガマンしたり押さえつけたり
ちゃんとさせようとしたり
ガチガチ縛るのが「自我」だとすると

この「好き放題やりてー!」
っていう欲まみれな「エゴ」は
「自我」とどう違うの?

って疑問がわいても当然です。

実は、根っこは同じなんですよ。

「好き放題やりてー!」・・・つまり
貪るような欲って
どこからくるかというと
根源的な欠乏感からくるのです。

自分てものが
根源的に足りないかんじ。
手に入れても手に入れても
満たされないかんじ。

だからこそ
「もっと、もっと」
「ドンドンほしい!」
「自分さえ得すれば!」
というヒリヒリするような欲望を
燃やすことになるのです。

これは「魂の望み」とは質が違うものです。

だからこういう欲の燃やし方されると
まわりもけっこうゲンナリしたり
するわけですよね。

自我がやってることって
基本的に不自然で
あんまり美しくないんですよ。

これについてはこちらの記事が詳しいです。

 

では
こうした「欠乏感」を感じているのは
魂なのか、自我なのか?

といったら「自我」です。

欠乏感も、自我の幻想(思い込み)です。

なぜ自我が
こうした欠乏感を抱えるかといったら
まさに前回言いました
もともと満ちている「魂」を
自我は知らないからです。

「本体」を知らないから
カラッポ感が埋まらない。

欠乏感
 ↓
満たしたい
 ↓
まだ足りない
 ↓
満たしたい・渇望
 ↓
まだまだ・貪り

 ↓
やりたい放題

というサイクルになるのです。

これが欠乏感が
欲望方面に暴走するパターン。

 

かたや、前回例にしました

「べき、ねば」
「ダメになる、ガマンしろ」
といった抑制方面に暴走するのは

その欠乏感が「なくなる恐怖」となって
恐怖を避けよう、守ろうとする
過剰な防衛を生むからです。

欠乏感
 ↓
なくなる恐怖
 ↓
なくならないように
 ↓
しなきゃ
やらなきゃ
 ↓
あれもダメ
これもダメ
  
消えない不安
 ↓
やっぱりダメになるー!

と恐怖方面に暴走するのが、
こっちのパターンの流れですね。

どっちにしろ、
自我は、欠乏感が特徴であり、
欠乏感を動機として
不安も、恐怖も、怒りも、貪りも・・
いわゆる「煩悩」といわれる
いろんな感情が発生するということです。

結論。

なので
自我とエゴはおんなじものを言っている
と思ってくださいね。

自我100%で回らない、
「魂」という自分もいることを
知っておくことが

クリアな意識で
自分の中にバランスを保ちながら
適切に欲求を実現していくコツです。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます