作曲家のピアノ

作曲家が弾くピアノ、ピアニストが弾くピアノ

昔も今も、それなりに人前で弾けるくらいのピアノを弾く作曲家は多いです。

作曲家が弾くピアノは、人の曲を超絶テクニックで弾きこなすような専門ピアニストのピアノとは明らかに違います。

つまりぶっちゃけ、そこまでのテクニックはなかったりする。

だって長年、曲書くこと・作ることに最大限の時間を使っていたら、ピアノの練習ができる時間は限られますもんね。
そりゃあ練習に時間を費やしまくってきた専業プレイヤーには勝てませんわ、ということ。
これは仕方ない。

はい、これは私自身のことでもありますよ。
私は子供の頃から、膨大な時間ピアノに向かうのが苦手だったもんで、大学はピアノ科じゃなくて作曲科を選んだくらいですから、もうそこんところはある意味開き直ってこれでよしとするしかありません。

私自身がまさに「作曲家のピアノ」そのものです。

「作曲家のピアノ」の特徴

さて、そして多くの作曲家は、自分が作曲や編曲した曲を弾くことが多いです。

今一般的にわかりやすい例でいうと、久石譲さん、坂本龍一さんなどもそうですね。

自分の曲ですから、曲の世界観を誰よりもわかっている人であるということ。
だからこそ作曲家のピアノは、独特の世界観が見えるような音を出していたりするのです。

それが「作曲家のピアノ」の特徴です。

さらにその利点は、自分が弾ける範囲のテクニックで弾けばいいこと。

自分が弾けるように書けばいい。
弾けないことは書かなくていい。
これは作者の特権・利得ですね(笑)

つまり自分の曲さえ弾く技術があればいいので、ピアノの練習も、自分に必要なことに特化していていいともいえるかもしれません。

ブラームスの練習曲

19世紀の作曲家・ブラームスのピアノ楽譜に「51の練習曲」というのがあります。

これはまさにブラームスが、自分の曲を弾く技術維持のために使っていたと言われる練習曲。

私がこの練習曲に出会ったのは遥か昔ですが、今もなお、練習の際には一番頼りにしています。

私は今は心理カウンセラー業メインですから、たくさんの練習時間はとれない状況で、それでも人前で弾く機会にはなんとかしなくちゃいけない。

その時にこのブラームスの練習曲は、短い時間で効率よく、自分の曲を弾くのに必要な指をチューンナップしていける感覚があるからです。
とても全部は弾きこなせませんが、要所要所だけでもすごくためになると感じています。

作曲家であるブラームスが、こういう練習で自分の演奏力のメンテナンスをしてたんだなー・・・と思いながら弾いている時、まあおこがましいかもしれませんが、「ああー、作曲家のピアノかあ。わたしもだ♡」なんて共感を感じました。

地味な練習曲なので一般的にはあまり知られてないかもしれませんが、この練習曲を教えてくれた、かつての先生には感謝だなー、と今頃あらためて思っています。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

ビリーフリセット・リーダーズ講座【動画視聴コース】

「6期ビリーフリセット・リーダーズ講座」の講義動画とテキストが毎月届きます。5/25まで受付中

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます