「お子さんは?」と言われてザワッとする?・傷つくなら自分がそれを 「いけない」と思っているから1

私たちはどういうわけか
「いけない」ということに
すごく怯えます。

自分が「いけない側」に
なってしまったと思った時
すごく怖くなったり、傷ついたりします。

たとえば
結婚しても子供を産まない、ということ。
ほしくないから産まない場合も
ほしいけど産まれない場合も
あるだろうけど

「お子さんは?」と言われて傷つくなら

それは
「女性は子供を産むのが当然で、
結婚したら子供を産むのが当たり前で、
そんな当たり前ができないのはいけないこと」
と思っているからです。

その「いけない側」に自分がいることを
責められている気がするからです。

出産や子育てに興味がないから
産んでないはずなのだけど
なんか言われて傷つくのだとしたら
それは
「出産や子育てに興味がないのはいけないこと」
「女性はそれを望んで当たり前であるはずなのに」
と思っているからです。

「いや、自分はそうは思ってないけど、
 だって世間がそう言って責めるでしょう」
と思うなら

「世間ではそれが当たり前とされているのだ。」
とあなたが思っているからであり

「そんな世間とは違うことをする自分はいけないのだ」と
自分を「いけない側」に置いているからです。

世間や他人に何か言われる以前に
子供を産まない自分が「いけない側」だと
自分で密かに思っているから
そこを突かれた気がして
その自分の「いけない」に触って傷つくんです。

あらゆることがそうなんですが
「傷つく」ならそれは
自分がすでにそのことを
「いけない」と思っているからです。

「いけない」と思っているから
すでにたくさん
自分自身が自分を責めてきました。
そこにはもうすでに
自分で自分につけた傷が
いっぱいついてるんです。

自分の「いけない」に触る時
自分で傷つく。
人の言葉はきっかけにすぎません。

その自分の「いけない」がなければ
別に傷つかないのです。

「子供を産みたい人はいいんじゃないでしょうか。
 私は産まないですけど。」以上。
ですみます。

子供のいる人が幸せそうにしていることを
ただ「そういう人だなあ」と見守り
子供のいない自分が幸せに生きることも
ただ「こういう人だから」と楽しめます。

それでもやっぱり
産んでない自分にザワザワ、モヤモヤするなら
そこには
「親の期待に応えていない」という
また別の「いけない」があるかもしれません。

親は「早く孫の顔が見たいわ〜〜」
とか言うかもしれないし
「跡継ぎが・・・」
なんてことも言うのかもしれない。

そうすると
自分が産みたいかどうかとは別に
「親の期待に応えなければいけない」って
ほらまた「いけない」がでるでしょう。

で、それができていない自分を
「いけない側」に置く。
だから後ろめたくなる。
ザワザワする。
自分で自分を責めて傷つく
というわけです。

その自分の「いけない」がなければ
別に傷つかない。

「期待に沿えなくてごめんねー。
 残念だけど諦めてねー。」
ですみます。

親の期待通りにすることだけが
親孝行ではないからです。

 

私自身は子供がいません。
子供を産みたいとも育てたいとも
思わなかったからです。
他に優先してやりたいことがあるので
それは選びませんでした。

でも不思議と昔から
それを「いけない」と思ったことはありません。
だからそれで傷つくことはありません。

私は生きたい人生を生きられています。

確かに昔は親も
「孫がいたらいいわね〜」なんて言ってたけど
残念ながら諦めてもらいました。

だから、私自身は誰かに
「お子さんは?」と言われても
ズキンともドキンともせずに
「あ、いないです〜」とただ言えるんです。

もちろん
お子さんのことで悩む女性の心情っていうのは
本当に一言では語れないほど
深くて繊細なことですから
ここで私が一刀両断できることではありません。

私はいろんなものを
サバサバ手放すのが得意なので
アッサリ言えてしまうことだけど
それってもしかして
珍しい方なのかもしれないから、

みんなに対して
「そういうふうに考えればいいんだよー」
なんて言うつもりもありません。

悩む人は悩むことにも意味がありますからね。
じっくり悩んでてもOK。

でも、もう悩みたくない人
もう傷つきたくない人
がいるならば
ちょっと参考になればいいかなって思います。

その自分の中の「いけない」
外してみたら、どうなりますか?

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。