「変わる」とは元々あったものが現れること

photo-1437053997003-6ac3242b5625-2

今日はちょっと昔話をします。

今でこそ私は、こういうふうに自分の名前で仕事をして情報発信したり、講座を開いて人前でしゃべったり、CDレコーディングやライブを企画して形にしたり、など、やりたいようにやっていますし、人から見たらけっこう行動的な人だと思われるかもしれませんが、昔の自分はまったくそうではありませんでした。

20代の頃の自分からすれば、こんな未来は想像もつかないものでした。

かつての私は、とにかく無力感と自己否定に圧倒的に支配されていて、自分が何かを創造できるとか、ものごと動かせるとか、とうてい考えられませんでした。

自分は無理。
自分なんて。
自分にはできない。

そんな思いばっかり。

いちおう、芸大とか出てたんですけどね。
作曲科出身ですから、曲作るなんて明らかに創造じゃないか、って冷静に考えればそうなんだけど、当時の本人にとって、そんなことは問題にならない(笑)

芸大出てたって、ちょっとばかり作曲ができたって、ちょっとばかりピアノの仕事をしてたって、私のマインドのデフォルトは無力感でした。

自分は行動力も実現力もない人間だから、って本気で思ってる。
だからなんにもできない。
ただおとなしくて、臆病で、戸惑いばかりで
迷ったらやめとく方を選ぶような私だったのです。

これがまさに、自己否定ビリーフにどっぷりやられている状態です。
自分はそういう人間だとしか思えないんです。

そのころある人から「あなたの本質には『創造の力』が眠っている。それは場を巻き込んだり動かしたりしていく力だよ」と言われたことがありました。

その時の私は、そんな姿は自分からは最も遠いものだとしか思えなくて「うっそー、ないない!それ自分じゃない。なんかの間違い。」って思ってました。

そんな私が変わり始めた一番のきっかけは、30代になって1回目の結婚を終わらせる決断をした時です。

周りから何と言われようと、たとえ批判されようと、後ろ指さされようと、もういい!
私は私の思ったことを貫く!絶対に別れるところまで持っていく!と、生まれて初めて、そこまでの肚をくくりました。

人ではなく、自分。
それだけを優先してぶっちぎる。

人間、一度はこういうことをやってみるもんですねー。

この体験を通して、私はこの時はじめて、肚をくくって行動するということができたのだと思います。
結果、現実はちゃんと動くということも、身をもって知ることができました。

その時から私は、自分の意思を立てて行動するということができるようになりました。

離婚から1年後、私はこれまた生まれてはじめて、自分のバンドというものを作りました。

自分の曲を、自分の思う編成とスタイルで、自分の思う活動形態でやりたい。
そんなヴィジョンを持った私は、友人のミュージシャン仲間に声をかけ、たった一人の同志からはじまって、最終的に8人編成のグループを作って率いる、プロデューサー/バンドリーダーになっていました。

バンド仲間を集めることも、ライブを企画することも、ライブハウスをブッキングすることも、チラシを作って集客することも、収益や分配を考えることも、とにかくそういうリーダーみたいなことは何もかも初めてです。
でも、挑戦だー挑戦だー!と思ってやってると、できるようになっちゃったんですねー。

その活動が発展して、作曲家としての私を確立してくれたわけです。

こうして、あれほど無力感と自己否定どっぷりだった自分が、いつの間にか行動できる、ものごと動かせると信じることができる自分へと変わっていました。

その後、音楽家としての燃え尽きを体験したことで、心理の分野へ転換して、根本的に自己否定の構造を解き明かすことができるようになったのは大きかったです。

それで結果として今、やりたいと思ったことに強気に向かうことができる自分となり、セミナーなどで「肚くくるのだ!怖くてもやるのだ!」などと(笑)人さまの背中を押しているのですから、人生わからないものです。

今思えばたしかに「創造性」は私の持つ力でした。
そのことが、後々になってやっとわかりました。
でもかつては自己否定によって、それがガッチリ封印されていたようなものです。

つまり何が言いたいかというと。

最初はまったくありえないと思っていた姿の自分というものが、実は自分の中にひそかに眠っている可能性は大ありですよー、と言いたいわけです。

人は変われます。
ビリーフを脱出すれば。

人生の初期、私たちはビリーフというさまざまな信じ込みや思考の制限にガチガチに縛られて育ちます。
その状態だと、自分の本来の性質やパワーはなかなか出てきません。
そこでできてしまった自分像というものがあります。
「この程度の、たいしたことない、無力な自分」と思い込んでしまったとしても仕方がないのです。

しかしそれは「ビリーフに縛られているがゆえ」です。

人は変われます。

「変わる」とは、この自分じゃない人間になることではありません。
自分の中から、自分の本来持っていた力が現れることです。

もともとあったものが現れる、ということ。
それが「変わる」ということです。

そうやって現れてきた自分というのは、それまで思っていたような「自分」とはそうとう違う人だったりします。

かつての私のように、ね。

それは、元の自分にないものを身につけたんじゃないのです。
元の自分にあるものが現れるのです。
制限が外れれば、現れることができるのです。

それだけの可能性を、私たちは内に秘めているし、
逆にいうと、それが見えなくなるほどの制限を、初期的にはかけられているということです。

だから、制限を外す。
このことが本当に重要だとつくづく思います。

今の自分がすべてじゃない。
自分、こんなもんじゃない。

そんなふうに思ってみてください。
よかったらちょっと口に出して言ってみてください。

まだ知らない自分が
自分の中にきっといます。

その自分は
表に現れて羽ばたくことができる時を
きっと待っています。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。