「人に受け入れてもらえない」の本質

普遍的なビリーフ

私は人に受け入れてもらえない

って思っている人はとっても多いです。

意識しててもしてなくても、深いところでそう思っている・・・というか信じている。

つまりビリーフですね。

ありすぎるくらいよくある普遍的なビリーフです。

 

いや、ビリーフっていうか、ほんとにそうなんです!だって実際そうだし!あの時もこの時も!アノ人もコノ人も!やっぱりそうなんです!!私はやっぱり受け入れてもらえない人間なんです!

って言いたい人もいると思いますが・・・はいはい、それがビリーフなんですよ。

 

ビリーフは

一度設定すると、以降は
その通りに脳のアンテナが証拠を拾い
その通りに現実が作成される

というカラクリになっています。

てことは、「一度設定すると」っていう、その「一度目」がいつのことなのか、っていうのが大事。

それは今じゃない。

 

もうおわかりですね、毎度おなじみ、またソレかい、の。

あのころ、幼少期、親との間で。

そこがそもそもの始まりです。

私は人に受け入れてもらえない

って思っちゃった最初の始まりは、親です。

私は親に受け入れてもらえない

って、ちっちゃいあなたは思っちゃったってことなのよ。

普遍化・法則化が誤解の始まり

今日は簡単にぶっちゃけで書きますが、

たぶんあなたの親、お母さんかお父さんかは人によるけど、あんまりあなたを受け入れてくれる感じじゃなかったんでしょう。

なんなら否定的、威圧的でしかなかった場合もあるでしょう。

理由は知らない。いろいろ事情があるんでしょう。

してるつもりでもできなかったのかもしれない。

でもね、それはあくまでも「あの親は」っていう話。

それ、いつのまにか普遍化して「人は」になってるのだよね。

それが誤解の始まり。

 

大人になった今ならわかるはず。

親が受け入れてくれなかったからと言って、世界中の人間全部がそうかどうかは全く別なんだ。

だってみんな、親とは違う思考回路と感性と行動パターンを持つ人間だから。

しかし、ちっちゃい子供にとっては「親=世界」なので

親に受け入れてもらえない = あらゆる人に受け入れてもらえない

普遍化・法則化して、永遠に信じ込んじゃうんだね。

それをビリーフといいます。

 

で、その次には

私は受け入れてもらえない人間なんだ

なんていう否定的な自己定義にしちゃうでしょ。

そうやって、受け入れてもらえない理由を「自分という人間」のせいにするんだよね。

いやいやいや

「人間なんだ」とかって、そこに結論もってかないで。

そこ、勝手に法則化しないで。

 

親は確かにあなたを受け入れなかったかもしれない。

でもそれは「あの親が」そうしなかった、できなかったという話で

あなたが「受け入れられないような人間」なのとは違う、ってことなんです。

それはあくまでも、あの時の我が家の状況にすぎないんです。

なぜかわからないまんま繰り広げられていた我が家の状況が、ちっちゃいあなたは辛かった、と。悲しかった、と。

それが真実だよ。

それをちゃんと感じてみて大丈夫。

その悲しみに耐え難くて、ちっちゃいあなたは「法則化」しちゃった。

法則化しちゃうと、案外納得がいって希望が持てるのよ。

そういうことならしょうがないって、諦めがつくし、それ以上悲しまなくて済むし、そういう親を責めなくていいからね。

あなたのせいじゃない

 

一個人の一家庭の事情にすぎないことを「人」とか「人間」とかいって普遍化しちゃったから、その後の人生が全部そうなっちゃって、辛い思いをすることになったわけです。

だから、どこへ行っても受け入れてもらえない思いをして、受け入れてもらえないような自分を責めて嫌っている。

今となっては、そんな自分をいちばん受け入れていないのは自分、ということになります。

 

でも、もう大人なのだから。

気がついた今だから、リセットリセット。

 

親は自分を受け入れなかったかもしれない。

(なぜ受け入れなかったのかは、これはこれで親の生育歴と深層心理の事情があるから、今後の勉強ね)

まず、そこは認めてしまえ。

しょうがないのよ。

でもそれは、親の生育歴と深層心理の事情であり、親の側の理由であって、あなたの側の理由じゃないってことです。

あなたはただ、赤ちゃんとしてそこに生まれて、生きて育っていただけ。

 

あなたの存在には何の罪もない。

あなたが悪いんじゃない。

あなたが間違っているんじゃない。

あなたのせいじゃない。

 

そこを腑に落としてほしい。

ためしに上の4つの「あなた」を「わたし」に言い換えて、自分でつぶやいてみて。

それが真実です。

法則をリセット

親は受け入れなかったかもしれないけど
他人はそうとは限らない。

なぜなら、他人は親とは違う人間だから。

世の中には無数の他人がいて、十人十色、千差万別だから。

親よりもっと懐深い人はたくさんいます。

受け入れる人も、受け入れない人も、どっちでもいい人も、微妙な人も、いろいろいるでしょう。

それが世界の「当たり前」だよね。

そこを思い出してください。

 

私は「人に」受け入れてもらえない

って、一般化しないでください。

普遍化しないでください。

それを前提にして人を見るのをやめてみてください。

それは世界の法則ではない。

「そんなこともあった」という個人の過去にすぎないことです。

ちっちゃかったあなたが作ったその法則を、「ただそれだけのものだ」と眺めて距離をとれるようになれば、解除=リセットは進みます。

 

リセットしたなら

親は、あれはあれ。

自分は、これでこれ。

人は、それぞれ。

ただそういうことです。

それがビリーフのリセットということです。

 

ビリーフリセット入門講座(zoom)開催

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?

が2時間でわかる、zoomを使用するオンライン講座です。

11/28(土)14:00~16:00
12/17(木)20:00~22:00

参加費:5,500円

詳しくはこちら

https://breset.jp/course#jump_h2_1st

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂(きよねどう)株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

zoomビリーフリセット入門講座

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・自分をどう進化させたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?が2時間でわかる

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

メールマガジン(無料)

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

別館ブログ「Rのこころ」

時代の転換期を生きる人へ。

思考と意識をアップデートする

もう1つのブログ

話して整理!しませんか?

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介