インスピレーションと捨てる勇気

今日は何かモノを作る方向けのトピックです。

私はこれまで作編曲家として、音楽学校で生徒さんに作曲を教えてきた経験もあるので、とりあえず作曲という分野で語りますが、作曲に限らず、広い意味でモノ作り、創造、つまりクリエイションに共通する点もあるだろうと思います。
そんなつもりで読んでみてくださいね。

出てきたものがかわいくなるから

さて、作曲しようとする時に、技術・知識の面ではないところで大事なポイントがあります。

それは何かというと「自己検討機能」ともいうべきもの。

自分が作ったものを自分で検討する力。
早い話が「捨てる勇気」です。

作曲をはじめたばかりの方は、どうしても
何かメロディーがでてきたら、
「でてきた!浮かんだ!」
とそのまま採用してしまうんですね。

それが本当にいいのかイマイチなのか、検討するというプロセスを意外と吹っ飛ばしてOKにしてしまう傾向が見受けられます。

「だって、こんなのが出てきたんだもの。」

自分から出てきたものがかわいくなってしまう、うん、それもわかります。

無から有が現れたようなところがうれしくて、これこそインスピレーション!とか思ったりもしますね。

しかし、大事なことは、それがホントにいいメロディーなのか、ということであり

それが、作ろうと思っている曲のイメージにちゃんとあったものなのか、ということであり

そもそも、自分はホントにそのメロディーに納得できるのか、ということです。

ここんところを、ちゃんと冷静に検討できるようにならなきゃいけません。

必要なのは「自己検討機能」と捨てる勇気

とりあえず、出てきた。OK。

で、それ、ほんとにいいメロディーなの?

ほんとにこれでいいの?

自分的にピッタリきてるの?

ベストな姿が100だとしたら、今これ何%ぐらいクリアーしてるの?

という「自己検討機能」が必要なのです。

それは、いくら出てきたものがカワイイといっても、センスある人ならば、実はウスウスわかるものです。

「や、実はここはイマイチと感じてる」って。

感じてることをちゃんと認める力が必要です。

ただ注意したいのは、ここで思考、つまりアタマで考え出さないこと。
アタマがグルグルしちゃうと迷宮に入っちゃう。
思考はかえって本当のことを撹乱したりもします。

何を頼るかといったら、「感覚・感性」ですね。

ということは、自分の中のどれが思考で、どれが感性なのか、これも見分ける必要があります。
ものすごく内的な観察力が問われてくるんです。

ポイントは「これを人が見たらどう思うか」と考えるのではなくて
あくまでも「これを自分がどう感じるか」。

自分は、こう感じる、そういう気がする。
そこを信じることです。

その自分の感性が「なんか、これ違うかなー」と感じたなら、

かわいい、もったいない、だって、せっかく・・・とか言ってないで
「違う。これじゃない。」とバッサリ捨てること。

捨てる勇気。潔さ。
これも大事です。

まだ探せてない、まだ満ちてないというだけ 

だけどね、
捨てたらもう終わりなんじゃありません。

まだまだ探し足りない、というだけです。

まだ100%に満ちていない、ということ。

だったら、50を60に、60を70に・・・・
どんどん近づけていけばいいのです。

ピンとくるところとイマイチのところをちゃんと見分けて、いいところは生かし、違うところはもっと探せばいいのです。

どうもね、多くの人がイメージする「作曲」って、

いきなりインスピレーションが100%完全体で来て、その場で「できたー!これだーっ!」みたいにできあがる、とでも思ってます? と聞きたくなることがあります(笑)

いやいや、違うから。

もちろん、モーツァルトみたいな天才はそうかもしれない。

天才じゃなくても、そういう瞬間を経験することはあります。

しかしそれは、それ以前に多くの音楽的経験と鍛錬の蓄積があって、その中で、「インスピレーションが降りる回路」というものを磨いてきた人にこそ、そういう瞬間が訪れるのだと思います。

普通の人や、作曲の初心者ならば、いきなり100%はありえないと思っていいでしょう。

何度も何度も
「これは違う、まだこれじゃない、もっと何か」
「ここはいいぞ、この部分はピンときてる、でもここは違うな」

そういう自己検討をしながら
そうやって、インスピレーションのアンテナに
エネルギーを流し続けながら
創造の源泉にアクセスし続けることです。

そういうプロセスが、必要なんだと思います。

実は、ベートーベンは、そういうタイプの作曲家だったと言われています。

メモやスケッチを何度も練り直して、検討し尽くして、磨き尽くして、彫って、削って、あのような曲を構築したのだと言われています。

あの、第九のシンプルなメロディーも、そうやって磨き抜かれてできたものだそうです。

ベートーベンさえ、そうなんだから。

私たちみたいな凡人がそんな、一度くらいチャチャッと思いついたもので、完璧なものができるわけがないじゃんね。

信じていいモノを見分ける

そして、もしも
一度のインスピレーションでガガーッときたものが、ホントに本物ならば。

その時は、そのメロディーに並々ならぬ力がこもっているのがわかるでしょう。

「これ、ヤバイ」というような。

自分の力を超えた何かが籠ったのがわかるような。

それこそ、信じていいモノです。

そういう、信じていいモノと捨てるべきモノを、ちゃんと感じ取る力。
これこそが一番大切なことであり、磨くべきことです。

それがあれば、どうしたらいいのかは、自分の内側の感覚が教えてくれるようになるでしょう。

というわけで
自分の中で、ちゃんと見分けをつける力をつけよう。
そのプロセスをめんどくさがらないで。

そして、見分けをつけたら
捨てるべきものは、勇気を持って捨てよう。

それが今日の結論です。

 

☆旧ブログ「大人の音楽レッスン」より
2014年4月に書いた記事を加筆修正しました。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします