「わかりたい」は人間の美しい欲求かもね

 

私は大人の方対象にジャズピアノやアレンジを教えていますが、

ミュージシャン志望の方はともかくとして、

趣味としてピアノを楽しみたい方に対しては、

理論的なことには深く触れずにおこう・・・という気持ちが

これまでなんとなくありました。

やっぱり、ちゃんと話をしようと思うと込み入ってくるし

わかりにくくて難しいと面倒くさくなって嫌になっちゃうんじゃないか、と

思っていたから。

 

ところが、どうも最近いろんな方のレッスンで、

コード(和音)の理論的背景を説明していることが多くなってきました。

というのも、生徒さんが「それって何故?それはこういうことですか?」などと

積極的に知りたがるから。

すると私も「ならばココんとこを説明しなきゃなるまい」ということで

「ちょっと理論的な話になっちゃうんですけど・・」などと前置きをして

一から理屈っぽい話をします。

そうするとけっこう「ああ、なるほど〜!」みたいな納得とともに、

「わかった喜び」のようなものが湧いていらっしゃるな〜、と

感じることがしばしばあるのです。

 

そうか〜。

「難しいことは嫌だろう」「理屈の話は申し訳ない」

というのはどうやら私の思い込みだったかもしれません。

 

いや、考えてみれば、理論がわかるというのは

音楽の根本のカラクリがわかるということだから

私にとってはそりゃあめっちゃ面白いことなんです。

わかってみれば、すばらしく合理的で

宇宙的・数学的調和と神秘に驚くような世界が広がります。

それなら当然、他の人だって面白いと感じるかもしれないし、

そんな世界を、知りたいかもしれないもんね。

 

それはきっと音楽だけじゃないね。

難しいことだって、わかりさえすれば

わかるように説明してさえもらえれば

知りたいし、わかりたい!

それが人間の本来の、美しい欲求の一つかもしれない。

 

ならば、どうやったらそれをわかってもらえるか

わかるように知恵を使って言葉を使って努力するのが、

教える者の責任だよね。

本人が面白いと思ってることなら、きっと何かが伝わるでしょう。

 

「どうせこんなことは嫌だろう」なんていう決めつけはイカン!

と気づいたのと同時に、

そういうところまでついて来て、

こういうことを暗に教えて下さる皆さんに

ありがたいなー、と思ったこの頃です。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。