「お得ですよ!」は本当にお得なのか?

「セットでいくら」はお得なのか?

最近、「お得ですよ!」という売られ方に、なんだか引っかかるようになった。

「通常1回あたり◯◯ 円ですが、◯回セットにすれば、1回あたり◯◯円になってお得ですよ!」

ていうやつ。
私は、ひねくれ者なのか、その言葉に
「アラ、お得! じゃあそれにするわ〜!」
とは乗る気にならないのだ。

たとえば、某ヨガスタジオで。
「マンスリー会員になると、1回あたり◯◯円になってお得ですよ!」

私「いやー、でもひと月にそんな回数行かないので・・・」

「月に◯回来るならそれで元がとれます。そっちの方がお得ですよ!」

私「いやー、たぶんそんなにこないし・・・」

ってモヤモヤして戸惑う。

私はどうも、こういう「セットでいくら式」に抵抗があるのだ。

「セット式」っていうのは、確かに1回あたりを計算すれば、額面は少なくなるかもしれない。
それを称して「お得」というのも、もちろんわかる。
かかるお金が少なければ少ないほどお得、と思う人だって多いのだろう。

でも、私にとっては、それはあんまり「お得」じゃないのだ。

なぜなら、「セット」されちゃうと
私の選ぶ自由、やらない自由、いかない自由、やめる自由、やりたい時行きたい時に行く自由、などが、あんまり自由でなくなるような気がするから。

「月に◯回ならお得!」のような組み方をしちゃうと、たぶん「じゃあ月に◯回はいかなくちゃ!」という思考が生じる。
だって「でないと、元がとれない」もんね。
それはきっと「損した」とか「もったいない」とかいう感覚も連れてくると思う。

その「損するから」という思考が、「いかなくちゃ!」という強制力になって、そういう感情になるの、私は避けたいんだよね。めんどくさいから。

そんなの、やりたいと思ったその時に、やりたいもんね。
やりたくない時は、やりたくないもんね。

「いかないと損だからいかなくちゃ!」みたいのも
「あー、今月◯回しかいけなかった、もったいなかった」
みたいのもやなの。

だから、たとえ1回あたりは割高になっても、そういう思考を呼ばない、やる/やらないの自由がニュートラルに確保されていることの方に、私は惹かれるんです。

物もそうかも。
いくら「大量セットだとお得!」といっても、大量に同じものを買ってしまうことで、おいそれと別のものに変えられなくなる。
飽きる自由、気が変わる自由が制限されてしまう気がするの。
飽きて使わなくなったとしたら、それはそれで「無駄、もったいない」という思考が生じるでしょう。それがまた嫌。

私にとっては、変える、やめる、気が変わる、そういう自由があることが「お得」。
わずかな額面の違いじゃないんだよね。

「今ならキャペーン!ただし解約するなよ」はお得なのか?

それとか

「今ならキャンペーン中ですから、通常◯◯円のところ、△△セットだと◯◯円になります!だんぜんお得ですよ!」

とかいうのもよくある。

ただしこういう場合、後から付け足したように
「ただし最低◯ヶ月の継続が条件になります。途中解約の場合、違約金がどうのこうの・・・」という説明がついてくる。

ほらー、めんどくさいじゃん!
て思う。

その「ただし◯ヶ月は継続。解約するなよ。」といういわゆる「縛り」。

これがすごく苦手。

そうすると私は逃げたくなるんです。

「や。だったらキャンペーン適用じゃなくていいんで、通常の都度1回で!」
みたいな選択をしちゃう。

まあ、携帯電話みたいな、明らかに継続するであろう前提のものはいいけど、習い事のようなものは、ちょっとゴメンなんだ。

先の先の未来まで決定されちゃってるようなのが、性に合わないんだ。

やっぱり、行きたかったら行く自由、行かない自由、やめる自由、を確保しておきたい。

先々の気分がどうなるかなんて、わからない。
その「わからない」をわからないまま、自由にしておきたい。

それは自分にとってのお得なのか?

それは、本当にお得なのか?
という問いは持ってみてもよいと思う。
特に、自分にとって、だ。

そして「お得とは何か?」という問い。
何のことを自分は「お得」だと思っているか。
単に、価格が安いということだけが「お得」なのか。
そんな問いだってあるだろう。

私にとってのお得とは、

やめる自由、気が変わる自由。
それが確保できていること。

頭に余計な強制力がはたらかないで済むこと。

いわば逃げ道がガラーンと空いている方が、安心できる性分。

たとえ額面上、多少割高になっても、
私にとっては、これが確保されていることが「お得」なんだなあ、って思う。

未来がどうなるかわからない、という
その余白を、自分がこの手に持っていられること

それが、私にとっての価値、
つまり「お得」なんだ。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。