自分にOKを出して前に進む!

人に従ってばかりいるあなたへ。人の言うことはそんなに真に受けなくていい

「従う」ビリーフが刷り込まれている

「言われたことに従う」ということに関して
私たちはたくさんの信じ込み(ビリーフ)を持っています。
おそらく、日本人は特にこれ、強いんじゃないかと
個人的には思います。

・言われたことには従わなければいけない。
・従っていれば怒られない。嫌われない。
・従っていれば安全。大丈夫。
・自分のことは言わずに、言われたことに従っておくことがうまくいく秘訣。
・従わないと、たいへんなことになる。
・従わないと、嫌われて居場所がなくなる。生きていけなくなる。

ね。すごくいっぱいあるでしょう。
あえて言葉にするとこれらのような感覚を持っている方は
とても多いのではないでしょうか。
これぜんぶ、ビリーフです。
信じ込んでしまった原則です。
多くの人が、意識できなくてもこの原則にしたがっています。

私の「ビリーフシステム理論」では
こういう思い込みの総体を「服従ビリーフ」と言っています。

この場合、「従う」相手というのは主に
無意識に自分より「上」だと思う存在です。

いちばん古くは親。
その他の大人、先生、上司。
夫、妻、舅、姑、親戚、ご近所。
学校、組織、世間、お上。
マスコミ、権威、えらい人。

「従わないとたいへんなことになる」という恐怖ベースの人は
いわゆる「Noと言えない人」や
自分を殺して無理や我慢ばかりする人になりますし、

「従っていれば安全、大丈夫。」という依存ベースの人
マスコミの言っていることを鵜呑みにしたり
人の言ったことをすぐ信じてその通りにしてしまったりするでしょう。
「そう言うなら、きっとそうなんだろう。」なんて言ってね。
(変な訪問販売とかニセ投資話に引っかかるのは、このパターンでしょう)

私も昔は「従う人」だった

なにをかくそう、私自身も若い頃はすごく「従う人」でした。
でも、ある時自分を振り返っていて、
自分の中にこんなセリフが出てきたのです。

「決めてよ!従うから!」

おーっと、これは!!

私が持っていた、親に対する気持ちでした。
その時まで全然気がつかなかったけど。

ウチの親はわりと指示命令が多い方で、
私は従わなければいけない状況も多かったし
親が決めることが正しいことで、従っていれば難を逃れるような
相手任せな態度を身につけてしまったところもありました。

そういう背景があって、
このセリフが私の心に巣食っていたんですね。

「決めてよ!従うから!」
つまり、
従うからあなたが最善の策を提示して決定してくれ!
ということですね。

なんという依存だったのでしょう(^ ^..

従い続けて、失うものは「自分」

つまりね。
「従ってばかりいる」ということは、
自らを無力な依存する側に置き続けるということになるわけです。

従わなければ!と思っている時、無意識に
相手を「上」に見て、自分を「下」に置いているということです。
対等ではないわけです。
そして、力のある側は相手で、
自分は力のない側だということになっています。

子どものうちは、いいんです。
子どもは無力な存在であり、そういう立場だから。
そして、家という場において、親は絶対的存在だから。
子どもにとっては、親に従うことは生き残りのために最適な対策なので
そうなることはある意味当然なのですね。

でも、私たちは大人になってもなお
これをずーっとそのまんま引きずってたりするんです。

親には逆らえない。
親がこう言ったら従わなきゃいけないと思ってる・・・
でも自分はそうするのは嫌・・・
でも親に逆らうことを言ったらいけないからものすごく苦しい。
葛藤葛藤・・・やがて心の中で嫌悪、反発、
しかしそんな自分に罪悪感、鬱屈、葛藤葛藤・・・

はあ〜、ドロドロですね。

大人になってもね。
こんなことで苦しんでいる人はたくさんいます。

つまり、
親という絶対的な存在の支配下にあった頃の記憶が抜けないんですね。

その上、日本の学校教育では
とにかく決められたことに「従う」ということを徹底的に仕込まれますから、
長じて後も、いろいろな人やモノに対して
とにかく従う他ないと思わされてしまう。

「従わないとたいへんなことになる」
「従っていれば安全、大丈夫。」
に頭がヤラれてしまうんです。

しかし、これに毒されていると何を失うか。

自分です。

自分を失います。
自分のアタマを失います。
自分の感性を失います。
自分の魂を失います。

それを失ってもなお、
「従うことの安全」(だと思っているモノ)が欲しければ
それもいいでしょう。

しかし、本当に自立した大人として
自分の魂の望む通り生きたいと願うなら。

親を起源とした
この「服従ビリーフ」から脱却しなければなりません。

従ってばかりで心をすり減らすあなたに、贈る言葉

別に従わなくても大丈夫、と思える。
その人はその人、私は私、と思える。
いざという時は主張できる。Noも言える。
自分の意思を実現するためなら、人の思惑と違う行動もとれる。

つまり精神的自立であり
境界線をはっきりさせることであり
いわゆる「嫌われる勇気」ですかね。

人に従ってばっかりいて、心をすり減らしているあなたに。
あえて、すごく乱暴な言い方をします。

人の言うこと、そんなに真に受けなくていいって!

その人の見解で言っていることにすぎないんだから。
自分の価値観を主張しているにすぎないんだから。
自分の経験値でモノ言ってるだけなんだから。
自分の感情を振り回してるだけなんだから。

「ああ、なるほど。あなたはそうなんですね。」
でいいじゃないですか。
何も「私」まで同じにならなくたっていいんです。

納得できるところはして
受け入れたいところは受け入れて
違うと思うところはスルーしていいんじゃないですか。

もちろん、人の言うことは
誠実に聞いて、受け止めてあげるのがいいでしょう。
言ってることは聞けばいい。
その人のその気持ちは、尊重してあげればいい。

だけど、
「言うことを聞く」ことと
「言うことに従う」こととはまた別。

「受け止める」ことと
「受け入れる」こととはまた別。

その人を尊重することと
その人の望むがままに自分が動くこととは別。

「俺の言うことを聞け!」というセリフは
ともすれば「俺の言う通りにしろ!」ということと同義みたいだけど、
屁理屈言いますと
「はい、聞いてるよ。でもそうはしないよ。」
だってありじゃないですか。

「なるほど。あなたはそうなんですね。」と受け止めて
「でも私はこうなんです。」と受け入れない
だってありじゃないですか。

従うでもなく、我を張り通すでもなく、
お互い最善に歩み寄れるところを探すことだって
できるかもしれないですよね。

いや、そうはいうけどなあ、
組織というのはなあ〜、会社というのはなあ〜、
現実的にはなあ〜

とか、いろいろあるかもしれませんが、
その考えがそういう現実を作る、という見方もありますからね。
そのへんは個別の事情でお考えください。

それでも、
人に従ってばっかりいて、卑屈になって
心をすり減らしている方たちがいるなら
その皆さんに向かって
ちょっと叫んでみたくなりました。

もう一回いうね。

人(親)の言うこと、そーんなに真に受けなくていいって!
言ってるだけ、言ってるだけ!


お知らせ

ビリーフリセット初級講座 9月コース・11月コース


人生を土台から変える、究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座、秋からのコース、受付開始しました。
自分の心の仕組みを知って、自分にOKを出し、心と行動と現実を新しくしていきましょう。

2017年 9月コース
第1講:9月9日(土)13:30〜18:00
第2講:10月7日(土)13:30〜18:00

2017年 11月コース
第1講:11月25日(土)13:30〜18:00
第2講:12月16日(土)13:30〜18:00

詳しくはこちら

7/19発売!「今が最高!」 by 東京チャンバアズ

☆この人生にOK! いくつになっても今を最高に楽しんで生きる人のためのライフ・ソング☆
大塚彩子がプロデュースする、元気になって心にしみる人生の歌。

amazon、全国のCDショップ、
iTunes その他配信ストアで販売中

セミナーDVD「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月に開催した「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。

amazon で販売中

公式メルマガ・毎週配信中(無料)

大塚彩子メールマガジン「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
登録はこちらから↓
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県
性別
年齢

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県 
性別
年齢

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top