自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 個人セッションてどういうもの?

「四十にして惑わず」の本当の意味とは? 40代を考える

「四十にして惑わず」の本当の意味とは? 40代を考える

■問いかけが疼き出す、40代 30代までは、それほど疑問もなく、そこそこやってきた。 がんばってこれた。それなりの成果も出せた。楽しいこともあったし、まあまあ幸せだ。 そんな人でも、40代になると、「自分の人生、これまで何だったんだろう」とか、「この先もこのままでいいんだろうか?」という問いかけが自分の中から疼いてくるのを、だ...

行き詰まったら「思考の柵(さく)」を検討してみる

行き詰まったら「思考の柵(さく)」を検討してみる

 悩みとか、苦しいこととか、しんどいこととかってつまりどういうことなんだろう?って考えると、おそらくその内訳は「葛藤」というのが多くを占めているのではないかと思います。

誰にもできなかった「こんな話」

誰にもできなかった「こんな話」

■プロだから「こんな話」が聞ける 私の個人セッションにいらっしゃる方は、とても前向きで向上心が高く、目標に向かって日々コツコツと努力を重ねておられるような方がとても多いです。

「秘密の押し入れ」を開けてみたら

「秘密の押し入れ」を開けてみたら

  ■「よい自分」「ダメな自分」 ひさしぶりに、自己肯定感についてです。 私たちはごくあたりまえのように、自分の中に「よい自分」と「ダメな自分」がいると考えています。

自己肯定感は「上げる」もの?

自己肯定感は「上げる」もの?

  ■最近注目のキーワード「自己肯定感」最近、ワークショップで何度か「自己肯定感」についてのお話をさせていただく機会があり、かなり皆さんにとって関心のあるテーマなんだなあ、ということを実感しているこの頃です。

自己肯定感に根本からアプローチ!「ビリーフ・ワーク」スタートです

自己肯定感に根本からアプローチ!「ビリーフ・ワーク」スタートです

■ビリーフ・ワーク、好評でした 先週末、夫である立花岳志の主催する「人生を劇的に変える!超実践2daysワークショップ」で、私も一部のワークを担当しました。

癒しで終わらないセラピーの可能性

癒しで終わらないセラピーの可能性

■師匠は”あけみちゃん” ちょっぴり昨日の続きです。今回私が行ってきた「高野山リトリート」は、私のセラピーの師匠である岡部明美さんの研修会です。岡部さんは、ベテランのカウンセラー/セラピストであり、近年は経営者の研修や社内研修などにも力を入れていて、単なるセラピストという枠には収まらず、一人の人が変わり→会社が変わり→社会が変...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top