自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 音楽と心理

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

  前回、人が音楽を必要とする理由の一つとして、なかなか感じられない自分の本当の感情を音楽を通して感じるためではないか・・・という考察をしてみました。→前回の記事「人が音楽を必要とする理由」 さて、今日はもう少し具体的な話にしましょう。

人が音楽を必要とする理由

人が音楽を必要とする理由

今日は、久しぶりに音楽療法士っぽいトピックです。 私たちは、なぜ音楽を聴き、音楽を必要とするのだろう? おそらくそれは かなり深く哲学的なテーマにもなり得るのでしょうが、 私の個人的な見解ですと、 自分の感情を感じるため

2つのセッション

2つのセッション

  カウンセリングやセラピーで、クライアントさんと向き合う時間のことを、セッションといいます。私が現在行っているのは、1対1の「個人セッション」。お一人お一人の話をじっくり聞き、心の探求の道筋をご一緒する90分〜120分です。

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

惚れたくなるくらいかっこいいミュージシャン 今はどうなんだろう、わからないけど、ひと昔前は、ミュージシャン=モテる みたいな図式がありましたね。ギターやバンドを始めた男の子の動機は、ずばり「モテたいから」みたいな話もよく聞きました。

なぜピアノの先生はこわいのか

なぜピアノの先生はこわいのか

  「子どもの頃、ピアノを習ったことがあるひと〜」と聞けば 「ハーイ!!」 おそらく、たくさんの手が上がるはず。 「ピアノの先生がこわくてイヤだったひと〜」 「はぁい・・・!」 これもおそらく、かなりの手が上がるはず。

音楽が「音が苦」になる時

音楽が「音が苦」になる時

4月からオープンしたサロンには、自宅から自転車で通っています。 桜の名所・小石川の播磨坂を下り、緑濃い小石川植物園、東洋大学の横を過ぎ・・・ ちょうど桜も満喫。桜が終われば花ミズキ。 日ごとに青々と葉を伸ばす緑も満喫。 ちょっと気持ちのいい通勤路なのです。

サウンドトラックはもうやらないんですか?・5

サウンドトラックはもうやらないんですか?・5

 ついに完結・こういう私として、またね。 これまでの「サウンドトラックのお仕事」とはどういうものだったのか、 振り返ったところで、そして今。 私は、新たにすごく楽しいサウンドトラックのやり方を見つけているのです。 それは何かって? 前回まで 〜その1・ありがとう。そして今までごめん!〜      〜その2・だからそれが何?がや...

サウンドトラックはもうやらないんですか?・2

サウンドトラックはもうやらないんですか?・2

  だからそれが何?がやってきた Q「サウンドトラックはもうやらないんですか?」 A「いずれまたやるかもしれません。でもこれまでとは違う在り方で。」  Q「これまでと違う・・・て何でしょうか?」 前回まで 〜その1・ありがとう。そして今までごめん〜   さて、「これまでとは違う」とは? という問いに対しては、 じゃあ...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top