新着記事はこちら

  • 「思考アプローチ系」がおもしろい

    「思考アプローチ系」がおもしろい

    6月もそろそろ終わりですね。私にとって今月は、かなり学びに時間を使った月でした。セラピー関係の色々なセミナーやワークショップに参加し、その合間に...

  • 癒しで終わらないセラピーの可能性

    癒しで終わらないセラピーの可能性

    ■師匠は”あけみちゃん” ちょっぴり昨日の続きです。今回私が行ってきた「高野山リトリート」は、私のセラピーの師匠である岡部明美さんの研修会です。...

  • 高野山へ行ってきました

    高野山へ行ってきました

    4日間、高野山に行ってきました。 高野山は世界遺産であり、多くの人が集まる場所でありながら、独特の落ち着きと神妙な空気をたたえていました。

  • 人生最後の大切な歌

    人生最後の大切な歌

    人が最後を迎える時、音楽は音楽ゆえの大切な役割を果たすことができるのではないか・・・・そのような観点で以前記事を2つほど書いたことがあります。 ...

  • 「音使い」の神秘なツール、音叉

    「音使い」の神秘なツール、音叉

      U字型で、楽器の調律や調弦に使うもの。ボーッとした音が出る、なんとなくよくわからないもの。 私はこれまで、音叉というとそのくらいの印象でした...

  • ミュージシャンはなぜカッコいいのか

    ミュージシャンはなぜカッコいいのか

    惚れたくなるくらいかっこいいミュージシャン 今はどうなんだろう、わからないけど、ひと昔前は、ミュージシャン=モテる みたいな図式がありましたね。...

  • 軽量重視のキーボード選び

    軽量重視のキーボード選び

      これまで自宅にあったピアノやキーボードを全部サロンに持って行ってしまったので、自宅に鍵盤が全くナシになってしまいました。それもちょっと寂しい...

  • 昇天の音楽

    昇天の音楽

      以前、私が作ったある曲について、「こんな曲に包まれたら幸せに死ねる」なんていう感想をいただいたことがあった。 またある時は、2人の親しい弦楽...

  • なぜピアノの先生はこわいのか

    なぜピアノの先生はこわいのか

      「子どもの頃、ピアノを習ったことがあるひと〜」と聞けば 「ハーイ!!」 おそらく、たくさんの手が上がるはず。 「ピアノの先生がこわくてイヤだ...

  • 音楽が「音が苦」になる時

    音楽が「音が苦」になる時

    4月からオープンしたサロンには、自宅から自転車で通っています。 桜の名所・小石川の播磨坂を下り、緑濃い小石川植物園、東洋大学の横を過ぎ・・・ ち...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top