自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : SONORA STUDIO

前に進む人のための究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座6月開催!

前に進む人のための究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座6月開催!

「自分をコントロール」ってなんだろう? 社会人として生きる上で、 「自分をコントロールすることが大事だ」なんていわれますね。 ところで「自分をコントロール」って 何をすることでしょうか? 我慢すること? 感情を動かさないようにすること? 動いても出さないようにすること? 平静に、冷静に、いられるようにすること? 空気を読んで適...

「頭」の計算より「ハート」と「肚」を信頼する

「頭」の計算より「ハート」と「肚」を信頼する

先週、6月に開催する湘南ワークショップの打ち合わせで、講師である岡部明美さんと、立花岳志、私の3人で、鎌倉の我が家で打ち合わせしました。 と言っても、とってもざっくり流れを決めるだけ。 細かいところは全部当日の即興です。 お互いこれでできるという信頼感が、過去2回共に開催した経験でよくわかっています。 そして、段取りをキチキチ...

「当たり前の壁」を超えて。ビリーフリセットの瞬間はこうやって訪れる

「当たり前の壁」を超えて。ビリーフリセットの瞬間はこうやって訪れる

見えない、気づかない、疑問を持たない「当たり前の壁」 人は、ずっといた場所にい続けているだけだと、そこがどんな場所なのか、実はあんまり認識できません。 あまりにも当たり前なので、あえて疑問も持たず、気づかないのです。 たとえば、生まれて初めて海外に行った時。 異国の街並みや人、文化に触れて刺激や驚きを感じます。 そして再び日本...

転機の「鍵」は感性にある・湘南2泊3日ワークショップ開催!

転機の「鍵」は感性にある・湘南2泊3日ワークショップ開催!

  「感性」にふれる2泊3日 私のカウンセリング/セラピーの師匠である岡部明美さんと、夫・立花岳志と3人のコラボレーションによる、2泊3日のワークショップを6月に行います。 3人で毎年各地で行ってきましたが、今年は葉山の湘南国際村センターで開催となります。 私にとっては生まれ育った湘南であり、現在も鎌倉宅の近くというわけで、地...

ビリーフリセット・カウンセラーが誕生しました

ビリーフリセット・カウンセラーが誕生しました

ビリーフリセットができるカウンセラー 昨年からずっと1期ビリーフリセット・カウセリング( BRC)講座で学び、今年の認定試験に合格した5名の方が、3月付で認定ビリーフリセット・カウンセラーとなりました。 ビリーフリセット®の考え方に共感し、その仕組みを理解して、これからクライアントさんにビリーフリセット・カウンセリングを提供し...

ビリーフリセット初級講座、次は3月

ビリーフリセット初級講座、次は3月

1月コースは全国から24名さまご参加! 先日の土曜日は、ビリーフリセット初級講座1月コースの2回めでした。 この講座は、全2回でビリーフとは何か、自分の中にどんなビリーフがあるのか、それとどうつきあうのかが初めての方にもよくわかって今後のヒントになる、毎回好評いただいている講座です。 すっかり定着して、今回が11期めの開催とな...

「こうなっちゃう人生」を脱出しよう

「こうなっちゃう人生」を脱出しよう

主導権が自分にない「なっちゃう」人生 なんか、こうなっちゃう。 いっつも、こうなっちゃう。 どうして、こうなっちゃうの? 自分のことや現実のこと そんなふうに感じていませんか? 結局、そうなっちゃうんだから仕方ない。 どうせ、そうなっちゃうに決まってる。 また、そうなっちゃったら嫌だからやらない。 そんなふうに、諦めていません...

オンリーワンの旅へ、アクセルを踏んでいく

オンリーワンの旅へ、アクセルを踏んでいく

ブレーキばかり踏んでいないか? 人間を車に例えてアクセルとブレーキという言い方をすることがありますね。 したい、やりたいやるぞ、進むぞ そういう欲求や行動が、アクセル。 やめとけ、やるな危険だ、止まれ そういう禁止や制止が、ブレーキ。 アクセル踏んで進もうと思ってもブレーキばかりかけていては進みません。 しかしブレーキなしにア...

根本裕幸さんのカウンセラー勉強会、2月六本木で!

根本裕幸さんのカウンセラー勉強会、2月六本木で!

カウンセラー 根本さんのこと 私のカウンセリング/セラピーの直接の師匠は岡部明美さんですが、 その他に何人も、セミナーやワークショップでお世話になったり、個人セッションを受けさせていただいたことのあるカウンセラー/セラピストさんがいます。 その中のお一人、しかも私が明美さんに出会うより半年以上前に出会って、重要な示唆をいただい...

冬枯れの木の中に、きっと咲く花を思う

冬枯れの木の中に、きっと咲く花を思う

冬枯れの木の中に 寒さがめっきり厳しくなりました。ほとんどの木は葉を落として、枯れ木になっています。 冬枯れの木というのは、独特の静けさを感じます。見た目は本当に枯れてしまったかのよう。 でも、その内側では、いのちは確かに灯っていて春になると芽を出し、花を咲かせます。 今、枯れているように見える木の中に、伸びるべき葉が秘められ...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top