自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 悩みへのヒント

「母に受け入れてもらえない」の堂々めぐりから脱出する

「母に受け入れてもらえない」の堂々めぐりから脱出する

母のことがスッキリしたら、人生ほとんどスッキリする 先日に引き続き今日も「母ネタ」です。 「うへー 重いな」って感じる方、ごめんなさいねー。やっぱり母ってものすごい重要なテーマなんですよ。 だって、私たちの命を生み出した人であり赤ちゃんにとっては死活問題の、いっちばん重要な人ですからね。影響受けたとか受けてないとかいう以前に有...

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

今日はとてもざっくり大まかな話をします。 いつも傷つくことが多いいつも悩みが多いいつも生きづらいなんだか幸せじゃない そんな方は、心の深〜いところに、次のどれかのような思いを、子供の頃からずーっと抱えているかもしれません。 1.「私はお母さんに愛されない」2.「お母さんは大変でかわいそう」3.「私がお母さんを幸せにしなければい...

どんな自分にも「いていい」と言おう

どんな自分にも「いていい」と言おう

「自分を愛する」って何? 「自分を好きになりましょう」「自分を愛しましょう」などと、よく言われます。 人によっては、もうさんざん聞き飽きてるかもしれないしあるいは、おそらくそんな言葉を聞くと 「そんなことわかってるけどー! でもそうは思えないんだってば!」とか「自分のこと好きとか、愛とか、 なんか気色わる〜」なんて思う人もいる...

あなたの「やりたい」に水をかける、心の中の「水かけくん」

あなたの「やりたい」に水をかける、心の中の「水かけくん」

2017年が明けて「今年はこうしたい!」と決意を新たにしている方も多いかと思います。 今年は、こうしたい。今年は、始めたい。今年は、動きたい。今年は、変えたい。 そんなふうに「〜〜たい」と言っている心の中の自分に気がついてみましょう。 それは「〜〜たい」と何かを望み、欲する自分です。もともとシンプルでストレートな思いですよね。...

人との関係性が変わったら、本当に変わったということ

人との関係性が変わったら、本当に変わったということ

自分が変わるとまわりも変わる? 「心が変わると、現実が変わる」とか「自分が変わると、まわりも変わる」とか 少しでも心の勉強をしたことのある方なら、きっと聞いたことがあると思います。 「そりゃそうなのかもしれないけど、実感がわかないなあ・・」という方も多いかもしれません。 でも、これは本当のことです。 逆にいうなら「現実が変わっ...

成長成長!ってがんばらなくても、成長してるんじゃない?

成長成長!ってがんばらなくても、成長してるんじゃない?

お花も、木も植物はみな生き物だから自然に成長します。 土があって、太陽があって、お水があれば。 肥料があればなおいいのかもしれないけど。 もちろんよりよく成長するための環境条件というのはあるでしょう。 成長を阻害する要因を取り除けば除くほど爆発的に成長するという話も聞いたことがあります。 しかし、そうではなくても痩せた土地でも...

「決める、信じる、行動する」ために必須なこと

「決める、信じる、行動する」ために必須なこと

先日土曜日は、立花岳志と「決める、信じる、行動する・セミナー」でした。 私たち2人の他に、これまでTLI(ツナゲル・ライフインテグレーション)講座を受講した方々で、人生の軌道を自ら変えて結果を出している5人の方々にもお話をしていただきました。 参加者お一人一人が「自分事」に落とし込んで深めることのできるワークにも取り組み、タイ...

「他人が嫌い」と「自分が嫌い」はイコールだから

「他人が嫌い」と「自分が嫌い」はイコールだから

前回の記事 はけっこう反響がありました。やっぱり「他人」のことで頭を悩ましている方は多いんですねえ。 わかっちゃいるけど、やっぱり・・・・というのが難しいところですね。 さて、今日は続きというか、もう一つ「他人ネタ」です。 今日もなかなか言いにくいお話というか、ちょっとヤなかんじがする話だと思います。ヤな人は早く逃げてね(笑)...

他人にイラッと、ムカッと、グサッときたら

他人にイラッと、ムカッと、グサッときたら

「イラッと、ムカッと」をどう考える? 他人にイラッと、ムカッときたり他人が言った言葉がグサッとささったりって、よくあることですね。 多くの「ストレス」といわれるもののほとんどが人との関わりの中から生まれるものですし人との関わりなしに生きることはこの世では難しいからこそいつもストレスでしんどい思いをするのが「生きる」ということだ...

「そんな気がする」を信頼する

「そんな気がする」を信頼する

そんな気がする。 っていうのは、これまでの時代まったくアテにならない扱われ方をしてきました。 根拠がない。保証がない。 誰かが言った正解でもなく、アナタがそういう気がするだけでしょ。じゃあアテになんないね。 なんだよ、気だけかい。じゃあ話にならないね。 気がするだけね。あー、はいはい。 気のせいでしょ。じゃあ幻想ね。 ね? 「...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top