自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自立

価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1

価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1

■親の言うことに従って、自分を諦めていませんか 私はほんとはこうしたいんだけど、でも親が反対するから・・・ 私はこうしようと思ったんだけど、親がこうしろって言うから・・・ 私がこういうことをすると、親が喜ばないから・・・ だからやっぱり、やめといた方がいいんだろうなあ。私の考えていることや、やろうとしていることはやっぱり、違う...

「なかなか決められない人」の心理

「なかなか決められない人」の心理

不安、迷い、焦り・・・。やったことのないことや答えのない問題を前にしてそんな気持ちに呑まれ、なかなか決められない。 どうしたらいいんだろう?どうすればいいの?どうしよう、どうしよう・・・・。 とグルグルしてしまうこと、ありますね。 なかなか決められない人の心理 「決めるのが苦手」「なかなか決められない」という方はたくさんいらっ...

なぜかいつまでも実家を出られない人のジレンマ

なぜかいつまでも実家を出られない人のジレンマ

実家を出られる日はくるか? 今日の記事は、思い当たる方と「まったく関係ないな」と思う方とはっきり分かれるかもしれません。思い当たる方にとっては、ちょっと怖いか、耳の痛い話になるかもしれないので、少々肚を決めて読んでくださいませ(^ ^)そのかわり、効く場合はとっても効く可能性もありかもです。

「人のご機嫌うかがい地獄」から抜けるために

「人のご機嫌うかがい地獄」から抜けるために

  とにかく人の機嫌が気になってしまう時 人の機嫌がとにかく気になる。 気を悪くしていないかな、怒ってないかな、大丈夫かな・・・ ちょっと硬い表情をしているところを見てしまったら、 すごく不安になる。 「あっ、何か気に入らないことがあったのかな。」 「あれが悪かったかしら、コレが問題だったかしら。」「私、何かいけない...

無力からの脱出!だってもう大人なんだから

無力からの脱出!だってもう大人なんだから

 前回まで3回にわたって、「魂が喜ぶ仕事・本当にやりたい仕事」へとたどり着く道のりを考えてみました。 これまでの記事1 荷物とノイズを片付けるステージ2 感性を信じるステージ3 決断と行動のステージ さて、ここまで眺めてみて、1、2、3、どのステージにおいても結局いちばん問題になるのはこれだよなー、と思ったので、続き/まとめと...

親を悲しませないためなら、子どもは何だってする

親を悲しませないためなら、子どもは何だってする

■子どもって、なんてけなげで親思いなんだ セッションで様々な方の心の探究をご一緒していると、長年苦しんでいる問題や、自己否定感というのは、元をたどれば、子ども時代の思い込みから始まっていることがほとんどだということが、わかってきます。

「いい子」脱出もドラマティックなチャレンジだ

「いい子」脱出もドラマティックなチャレンジだ

  ■どこかにいる「いい子」の物語 子どもの頃からいい子。 親の言うことをよく聞いて、先生のいいつけを守り、 言われたことには素直に従ってきた。 行儀がよく、優等生。 勉強もがんばり、学級委員長などやって先生の覚えもよく、 親が行ってほしい学校に入り、親の望み通りの仕事についた。

出ていくことを恐れない

出ていくことを恐れない

    地球の重力圏を離れるためには ものすごい勢いで地面を蹴っとばして 飛び出していかなければならない 地球に背を向けて前だけを向いて 全力で遠ざからなければならない   ふりかえらずに 宇宙でたった一人浮かぶところまでたどり着いて 果てしない広がりを全方向に感じて ああ、自分はここにいるんだな...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top