自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 人間関係のストレス

人に従ってばかりいるあなたへ。人の言うことはそんなに真に受けなくていい

人に従ってばかりいるあなたへ。人の言うことはそんなに真に受けなくていい

「従う」ビリーフが刷り込まれている 「言われたことに従う」ということに関して 私たちはたくさんの信じ込み(ビリーフ)を持っています。 おそらく、日本人は特にこれ、強いんじゃないかと 個人的には思います。 ・言われたことには従わなければいけない。 ・従っていれば怒られない。嫌われない。 ・従っていれば安全。大丈夫。 ・自分のこと...

「人のために」は本当に善なのか? はまりがちな落とし穴

「人のために」は本当に善なのか? はまりがちな落とし穴

「人のためにしてあげる」って、とても「いいこと」のような気がしますね。 愛や慈悲の一つの表現であったり「自分を横に置いて人のために!」とか「我欲を捨てて利他に生きるべし!」とか・・・道徳や規範意識のようなものとも結びついて、美徳であるように思われています。 しかし、ここには落とし穴があります。 他人軸で生きている人が「人のため...

人生には波風がたつ。ここはそういうところなんだよ

人生には波風がたつ。ここはそういうところなんだよ

波風が立たないこと。 これを人生の最大目的にして生きていることがある。 とにかく波風が立たないように丸くおさまるようになにごともないように そのためにあらゆる心配をし先だってぬかりなく備えをし あらゆる我慢を重ね全方向に気を配って生きる。 それなのに 波は立ち風はやってくる。

「人にどう思われるか」を気にしてしまう理由

「人にどう思われるか」を気にしてしまう理由

■「どう思われるか」がこわい 日々いろいろな方のご相談を聞いていると「人にどう思われるか不安で・・・」「人の目を気にしてしまうんです」などとおっしゃる方はわりと多いです。

感情には製造元がある・「怒り」とどうつきあうか2

感情には製造元がある・「怒り」とどうつきあうか2

私たちにとってやっかいな感情・・・怒り。怒りの感情とどうつきあえばよいのでしょうか。 いくつかの考え方をご提案するシリーズ2回目です。 前回「怒りの感情を持つのは悪ではない」はこちら→ さて、今日ご提案する考え方は、 感情には製造元がある ということです。

怒りの感情を持つのは悪ではない・「怒り」とどうつきあうか1

怒りの感情を持つのは悪ではない・「怒り」とどうつきあうか1

  怒りの感情はやっかいなもの 人間の感情の中でも、私たちにとって一番やっかいなものは、怒りの感情かもしれません。 つい怒ってしまう、ムカッときてしまう、イラッときてしまう。 つい怒鳴ってしまう、キツイ言葉をぶつけてしまう。ダーン!とかバーン!とかやってモノに当たってしまう。

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

人間、いっぱいいっぱいな時ってある。 いっぱいいっぱいだと話しかけても生返事だったりろくに振り向いてくれなかったり優しくしてくれなかったりちゃんと受け止めてくれなかったりする。

「〇〇叩き」の心理・他人を叩く人は、実は自分を叩いている

「〇〇叩き」の心理・他人を叩く人は、実は自分を叩いている

■なんか増えてます?「〇〇叩き」 他人のこと、誰かのこと、何かのことがなんだかわからないけど、イラっとする、ムカっとする気に障ってしょうがない文句を言いたくなる何か言わなければ気が済まなくなる

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

なぜ「聞いてくれない」と言われるの? 大切な人やパートナー、あるいは子供との間で心の通った話や、ホっとできるような会話をしたいのになぜか口を開くとお互いギスギス、バチバチしてしまう 業務連絡や通達のような話ばかりで、気持ちが通っているという感じがしない 相手の話を聞いているつもりなのに、なぜか「ちっとも聞いてくれない。わかって...

人間関係のストレス・究極の解決法

人間関係のストレス・究極の解決法

  ■あの人がこうだから!! 人間関係のストレス。聞いただけでうへ〜、どよ〜ん、としそうなシンドさがありますね。 私たちはなぜこういうシンドさを味わっているのでしょうか。 だってあの人がこうだからこうしてくれないからあんなことをするから

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top