自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自信・自己肯定感

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

  ■「がんばらなくていい」はちょっと流行ってます? 時代のせいか、最近は心のことを話したり書いたり、考えたりすることがわりとオープンにできるようになってきました。 最近よく聞く言葉の一つに。 「がんばらなくていい」 というのがあります。これって、とっても奥深く、意味深い言葉だと思うんです。

「自分にOKを出して前に進む!心を解放するビリーフ・システム セミナー」開催しました

「自分にOKを出して前に進む!心を解放するビリーフ・システム セミナー」開催しました

  わずか数日で満席・キャンセル待ちのセミナー 立花岳志とのコラボレーションによる「自分にOKを出して前に進む!心を解放するビリーフ・システム セミナー」5月10日の土曜日に開催、無事終了しました。 告知開始からわずか数日で満席・キャンセル待ちとなり、皆さんの感心の高さをヒシヒシと感じて当日を迎えました。

私達は自己否定という「呪い」を自分でかける

私達は自己否定という「呪い」を自分でかける

■魔女の呪い 「眠れる森の美女」という物語では、生まれてきた姫に、魔女が 「糸車が指に刺さって100年の眠りにつく」という呪いをかけます。 王様がどんなに注意を払っても、姫はその運命を逃れることができず、 結局、本当に糸車が指に刺さって眠りについてしまいます。

「三つ子の誤解」に気づく

「三つ子の誤解」に気づく

  しばらく間があいてしまいましたが、「自己否定ビリーフ」についての考察を続けたいと思います。 ちなみに、ビリーフとは「思い込み」のことですが、ビリーフのなにもかもが悪いといっているわけではありません。

自己肯定感を上げるには自己否定に取り組むこと

自己肯定感を上げるには自己否定に取り組むこと

2/15に夫・立花岳志と共催で「自分にOKを出して前に進む。ビリーフ・セオリーセミナー」をやらせていただきます。 ビリーフセオリーとは、認知行動療法やスキーマ療法、ハコミセラピー、エニアグラム、などを統合して、私と私の師匠の岡部明美さんとで構築した、現在も進化中のビリーフシステムについての理論です。

「秘密の押し入れ」を開けてみたら

「秘密の押し入れ」を開けてみたら

  ■「よい自分」「ダメな自分」 ひさしぶりに、自己肯定感についてです。 私たちはごくあたりまえのように、自分の中に「よい自分」と「ダメな自分」がいると考えています。

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top