自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自信・自己肯定感

自分から勝手に奴隷になってませんか?

自分から勝手に奴隷になってませんか?

前回の記事でも書きましたが、親切で誠実に一生懸命やっているつもりで、過剰に受け身になり、ただただ相手の言うことに従って、知らないうちに服従になっていってしまうマインドというのがあります。 これは職種や仕事/プライベートを問わず、あらゆる側面において、そうなる人はなってしまう一つの心の傾向です。 今日はこの服従マインドを、ちょっ...

わかってくれる人が誰もいなくても

わかってくれる人が誰もいなくても

わかってくれる人が誰もいなくても心に決めたことをやり続けるべき時期というのがきっとある。 決めた自分だけを信じてただ黙々と足を進めるべき時期というのがきっとある。 とぼとぼと一生懸命うす暗い道を一人で歩き続けたその先に わかってくれる人達がいる新しい世界が開けてくる。 なぜなら 一人で歩いているその間あなた自身だけが 自分のこ...

自己肯定とは、自分を肯定することではない

自己肯定とは、自分を肯定することではない

自己肯定とは   否定をやめて、自分を肯定することではない。     ほんとのところ   否定か、肯定か、ではない。     なぜなら 肯定があるところ、否定がある。 否定があるからこそ、肯定がある。 肯定しようと思ったとたん 裏には否定が張り付いている。 肯定は、否定と裏表で成り立っている。 肯定か否定か・・・ それ自体が思...

「自分を大切にする」ってなまやさしいもんじゃない

「自分を大切にする」ってなまやさしいもんじゃない

自分の気持ちを捨てて 他人の機嫌をとった数が 自己否定の深さになる。 他人の機嫌を捨てて自分の気持ちをとった数が自己肯定の深さになる。 「自分を大切にする」とはやんわり、ふんわりしたなまやさしいものじゃないんだ。 それはタフな闘いだ。 たとえ周りの人間が怒っても反対しても泣いても悲しんでも それでもなお自分の気持ちを通すために...

まわりの人に責められてる! って思ったら、自分が自分のこと責めてるんじゃない?

まわりの人に責められてる! って思ったら、自分が自分のこと責めてるんじゃない?

まわりの人に責められてる!って思ったら 自分が自分のこと責めてるんじゃない?って振り返ってみる時。 まわりの人がわかってくれない!って思ったら 自分が自分の気持ちわかってあげてるかな?って振り返ってみる時。 まわりの人がなんにもしてくれない!って思ったら 自分が一人でなんでもやろうとしてない?って振り返ってみる時。 まわりの人...

「自分が変われば」は間違えると泥沼にはまる

「自分が変われば」は間違えると泥沼にはまる

間違えると泥沼にはまる「自分が変われば」 「自分が変われば、世界が変わる」とか「他人は変えられない、変えられるのは自分だけ」とか。 少しでも「より良く生きたい」と願った人なら一度は出会ったことがある言葉ではないでしょうか。 「良く生きたい」というか、はっきり言って「この苦しみをなんとかしたい」と思っている時の方が、実際のところ...

どうして自分を責めちゃうんだろう?その奥には意外な「怒り」が

どうして自分を責めちゃうんだろう?その奥には意外な「怒り」が

「自分責め」の構造 「ああ〜、またやっちゃった」「自分、何やってんだ、バカバカバカッ」「やっぱりダメだ、全然足りない、まだまだ未熟」「自分なんてどうせこの程度じゃん。調子にのるなよ」「こんな自分じゃダメだ!」「自分なんて大っ嫌い!もう消えた方がいい」 とかとか・・・・自分を責めるの、クセになっていませんか? 今日はそんな方達へ...

人に従ってばかりいるあなたへ。人の言うことはそんなに真に受けなくていい

人に従ってばかりいるあなたへ。人の言うことはそんなに真に受けなくていい

「従う」ビリーフが刷り込まれている 「言われたことに従う」ということに関して私たちはたくさんの信じ込み(ビリーフ)を持っています。おそらく、日本人は特にこれ、強いんじゃないかと個人的には思います。 ・言われたことには従わなければいけない。・従っていれば怒られない。嫌われない。・従っていれば安全。大丈夫。・自分のことは言わずに、...

ポジティブだけ望んでもムリ!「ネガティブ撲滅運動」が苦しみのもと

ポジティブだけ望んでもムリ!「ネガティブ撲滅運動」が苦しみのもと

「ダメ」や「悪」との闘い   世の中には「良い」ことと「悪い」ことがある。善と悪があり光と闇があり正解と間違いがありポジティブとネガティブがある。 と、私たちは生まれてこのかた、ずっと思ってきました。 そこから、いい人と悪い人、とかできる人とダメな人、とか長所と短所、とか完全と不完全、とかいい自分とダメな自分、とか ...

期待も心配も「愛」ではない

期待も心配も「愛」ではない

期待されると、心配されるとどんな気持ち?   期待されている。期待してもらっている。 と思うと、どんな気持ち? ちょっとうれしいかもしれませんね。そして がんばらなきゃ。いい結果ださなきゃ。期待に応えなきゃ。 と思うかもしれませんね。

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top