自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自信・自己肯定感

力いっぱい押し返せ!愛のつもりで服従になっていないか?

力いっぱい押し返せ!愛のつもりで服従になっていないか?

心理の世界では「サレンダー」という概念があります。 サレンダーとは、明け渡しのこと。 「自分が自分が!」と、自我でがんばり続けるステージに限界が来た時、次の段階へ移行するための鍵が「サレンダー」だと言われています。 「自分が」を手放し、力を抜いて水に浮くように、大きなものに身を委ねること。 「自分にはどうにもできないことがある...

「できる」と思うから「できる」が始まる

「できる」と思うから「できる」が始まる

何か新しいことに向かった時 まず「できない」って思うか。 「できるかも」って思うか。 ここってけっこう別れ道。 「できない」って思ったら 気分は重く、目線は下へ向く。 そしてできない理由を次々探すことになる。 無理。難しい。できない。 だってアレがこうだし コレがああだし あの人がこうだから だから、可能性が見えてこない。 だ...

「プロになる」ことに怖さを感じるあなたへ

「プロになる」ことに怖さを感じるあなたへ

自分の持っているものを世の中に出して「プロになる」ってことに怖さを感じる人は多いようです。 私は若い頃から音楽の世界で「プロ」を目指し、20代の頃からプロをやってきたので、自分は「なる」ことの怖さは感じたことはなかったけど、 プロで「ある」ことの怖さというのはずっと感じ続けてきたので、気持ちはよくわかります。 プロになることに...

「本当の自分」で生きていく

「本当の自分」で生きていく

生きててしんどいとしたら なんか窮屈でしょうがないとしたら なんか力が出ないとしたら なんかやる気がでないとしたら 自分の元々の性質とは違う生き方を しようとしているからかもしれない。 たとえば 元々はとっても活動的で押しが強くて みんなを巻き込むような力を持っているのに いつかの昔 「そんな自分じゃダメだ」と封印してしまうと...

できない自分でもOKになると「反省」が怖くない・傷つくなら自分がそれを「いけない」と思っているから3

できない自分でもOKになると「反省」が怖くない・傷つくなら自分がそれを「いけない」と思っているから3

「できないことがダメだ」と思っていると 「絶対にできなきゃいけない」と緊張するし できなかった時、傷つきます。 なぜ傷つくかというと 自分が「ダメ」になってしまったような気がするからですね。 「ダメ」というのはつまり 価値がなくて、嫌われて、孤独になって 生きていけないことだと、 私たちの「思考」は信じています。 生きていけな...

前に進む人のための究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座6月開催!

前に進む人のための究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座6月開催!

「自分をコントロール」ってなんだろう? 社会人として生きる上で、 「自分をコントロールすることが大事だ」なんていわれますね。 ところで「自分をコントロール」って 何をすることでしょうか? 我慢すること? 感情を動かさないようにすること? 動いても出さないようにすること? 平静に、冷静に、いられるようにすること? 空気を読んで適...

変わっているから居場所がない?・傷つくなら自分がそれを 「いけない」と思っているから2

変わっているから居場所がない?・傷つくなら自分がそれを 「いけない」と思っているから2

自分は変わっている・・・ 周囲の人とは違う・・・ ということで密かに悩んでる人、 けっこういるんじゃないでしょうか。 自分がなんとなく 周囲の人のノリと違う。 そんなつもりはないけど なんだか昔から皆と違うような気がして 話が合わないような気がして そんな自分はなんか変なんじゃないか・・・って 自分を嫌いになっている人もいるか...

自分責めがやめられない人は、そのメリットを考えてみよう

自分責めがやめられない人は、そのメリットを考えてみよう

私、ダメなんじゃないか あー、やっぱり自分はダメだ だってこんなに自分はダメだ その証拠に アレも、コレも、あんなにこんなにダメだもの あー、なんて自分はダメだ と自分を責めてばっかりいる人に 「そんなに自分ばっかり責めるのやめようね」 と言ってもやまないでしょう。 「自分を大切にしましょう」 なんてよく言われるのわかってるけ...

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

どうして「浮気」されると困るのか 昨日「学びの浮気、大賛成」という記事を書きました。 こういうことを言うと、とてもびっくりされます。 やはり、お稽古事などで「他の先生に習っちゃダメ!」と言われた経験のある方も多いようです。 もちろん個々の事情はさまざまだとは思いますが、私もモノ好きなので、なぜ生徒に「浮気」されると困るのか、先...

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

音楽環境に恵まれたからこそ、背負うもの クラシックでもポピュラーでも、音楽家の人たちは、小さい頃から音楽的に恵まれた環境だったり、それなりの教育を受けてきた人が多い。 つまり、それをさせてくれる親の力というものが大きいということだ。 レッスンに通わせてもらい、楽器を買ってもらい、楽譜やレコード・CDを買ってもらい、コンサートに...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top