自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 人生の転換期

人生の転換期が来てしまったあなたに

人生の転換期が来てしまったあなたに

  ■人生の転換期が来たら 私のセッションには、人生の転換期にある方がいらっしゃることも多いです。 転換期というのは「もうこれまで通りは無理・・・」という限界感、行き詰まり感とともにやってきます。 しかし、どうしたらいいかは全くわかりません。 ただ、「もう無理。もう違う。」といった感覚だけが日に日に強くなって、力が出なくなって...

ジャンプさえすれば人生はいくらでも変わる

ジャンプさえすれば人生はいくらでも変わる

  ■「次」へ移るにはジャンプ! 今朝、夫である立花岳志とこんな話をしました。 5、6年前の生活を振り返って考えたら、今の生活はなんて想像もつかないところに変化を遂げているのだろう・・・・と。 「人生って、いくらでも変わるよね」「そう、ジャンプさえすればね。」 そうなんです。ジャンプ! 飛んでしまうこと。ものごとを変化させてい...

決断と行動のステージ・「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために3

決断と行動のステージ・「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために3

ほんとうにやりたい仕事。魂が喜ぶ仕事。それを見つけるための道のりを考えるシリーズ、3回めです。 これまでの記事「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために・1 荷物とノイズを片付けるステージ「魂が喜ぶ仕事」をみつめるために・2 感性を信じるステージ ■信じたら、決める。やってみる。感性の声を聞き、それを信じること。これが、前回まででした。...

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

  ■「がんばらなくていい」はちょっと流行ってます? 時代のせいか、最近は心のことを話したり書いたり、考えたりすることがわりとオープンにできるようになってきました。 最近よく聞く言葉の一つに。 「がんばらなくていい」 というのがあります。これって、とっても奥深く、意味深い言葉だと思うんです。

「四十にして惑わず」の本当の意味とは? 40代を考える

「四十にして惑わず」の本当の意味とは? 40代を考える

■問いかけが疼き出す、40代 30代までは、それほど疑問もなく、そこそこやってきた。 がんばってこれた。それなりの成果も出せた。楽しいこともあったし、まあまあ幸せだ。 そんな人でも、40代になると、「自分の人生、これまで何だったんだろう」とか、「この先もこのままでいいんだろうか?」という問いかけが自分の中から疼いてくるのを、だ...

こんなにやめても大丈夫だった!私の「やめた」自慢

こんなにやめても大丈夫だった!私の「やめた」自慢

  前回、「やめたいのにやめられない心理」ということで、何かをやめるということについて書きました。 人さまが「やめるか、やめないか」については私が言えることではありませんが、自分のことについてはかなりいろんなことを「やめた」経験があります 今日は、そんな私の「やめた自慢」(笑)をしたいと思います。 ざっと私の仕事歴 私は、芸大...

一つの季節の終わりと始まり

一つの季節の終わりと始まり

    何かができること、それ自体がうれしい季節がある。 できるようになること、それ自体が大いなる目的になりうる、そんな時期がある。   例えば、 楽器をうまくなりたい。もっともっとできるようになりたい。 あこがれの誰々さんみたいになりたい。 そのための努力が充実して楽しい。一歩でも前に進めたこと...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top