自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : がんばる/がんばれない

「火事場の大力」こそがプロへの道

「火事場の大力」こそがプロへの道

何かの専門家として成長したい一人立ちしたいもっとレベルを上げたい・・・ そんなふうに思う時、いちばん効果的なことはなんでしょうか。 それは「責任を背負うこと」であり「矢面に立つこと」でははないかと、私は思います。 もう少し具体的にみていきましょう。 責任を背負い、矢面に立つから成長する 私が経験してきた世界でいうと、音楽。 た...

がんばったことがない人はまずがんばってみよう

がんばったことがない人はまずがんばってみよう

がんばるがんばれがんばれないがんばらなくていい どうであれ「がんばる」というのは今の時代、多くの人にとってすごく重要なキーワードのようです。 がんばった方がいいのかがんばらなくていいのかいったいどっちなんだかもうわかんなぁ〜い! という方もいるかもしれませんね。 私自身は、こんなふうに考えています。 人生にはステージ、段階があ...

5年前の今日、私は燃え尽きから立ち上がりつつあった

5年前の今日、私は燃え尽きから立ち上がりつつあった

なんとなく年末気分だからでしょうか、Macにたまった書類フォルダを整理していたら、過去のブログ下書きが何本か出てきました。書いていたけど未公開のものもけっこうあって。その中でも、ちょうど5年前、2010年のまさに今日、書いていたものを発見しました。 今読んでも「なるほど、あ〜〜。」となかなか感慨深いものもあり、これも何かのよび...

人生の軌道を変えたかったら、ちゃんと「やだ」を感じること

人生の軌道を変えたかったら、ちゃんと「やだ」を感じること

「やだ」が人生を変える一歩になる 今の仕事、これでいいんだろうか。今の環境、これでいいんだろうか。今の家族、これでいいんだろうか。 自分、今のままでこれからも本当にいいんだろうか。 そんなモヤモヤが胸に渦巻き始める時があります。自分の人生の軌道について思いを巡らす時があります。 何かを変えたい。でも何を変えたいのかはわからない...

もうがんばれない?それは自分のエンジン切り替えの時

もうがんばれない?それは自分のエンジン切り替えの時

もう一人の自分からのサイン、転換期のはじまり 努力して、がんばって我慢して、辛抱してうまくやって、成果あげて反省して、改善してまたがんばって、がんばって。 そんなふうに積み重ねているとあるところまではけっこう行けます。 やりがいや充実もあります。 成果を出せば手応えが得られてうれしい。自分がここまでできるようになってうれしい。...

会社をやめたい?「枠の中の安全」か「魂の自由」か、それが選択

会社をやめたい?「枠の中の安全」か「魂の自由」か、それが選択

今いる場所、もう違う? 今いる場所に、なんだか違和感を感じ始めることがあります。 それなりに一生懸命やってきたし、やれている仕事・職場だけど。 でも、実は心の中で、 もうがんばれない自分や 実はそれほどおもしろいとも思っていない自分を どこかでわかっている。

思いもよらず会社を辞めて・・・涙を超えてたどりついた温かい世界

思いもよらず会社を辞めて・・・涙を超えてたどりついた温かい世界

■あるライターさんの体験 今日も前回の続きです。 前回(2)はこちら→「生きているだけ」じゃダメなのか?「する・やる・できる」がはがされる時前々回(1)はこちら→うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする? さて、先日まさにそんな問題に直面して、この行き詰まりを打破したいという女性が、私のセッションにいら...

「生きているだけ」じゃダメなのか?「する・やる・できる」がはがされる時

「生きているだけ」じゃダメなのか?「する・やる・できる」がはがされる時

■何もしない自分とは何者か 今日は前回の続きです。 前回はこちら→うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする? つまりね、「すること・やること・できること」ばかりを価値としてきた人間は、なにもできないそのまんまの自分、ただ生きてるだけの自分なんてものには価値がないんだ、って知らないうちに思っちゃってるんで...

うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする?

うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする?

■「する・やる・できる」にストップがかかる時 現代人は無意識に何かを「すること・やること・できること」 に非常に価値を置いているところがあります。 やれること、できること役にたつこと、生産性があること成果を出すこと、実績を上げること これらがちゃんとこなせていることが善であり、普通であり、マトモでありつまりは安全・安心である、...

脱皮の前の静かな時

脱皮の前の静かな時

  これまでがんばってがんばって、がんばっていた人がもうがんばれなくなって「がんばれない・・」と言うしかなくなった時。 ご本人にとってはある階段を「降りた」ことになるのだろうけれども実はその時、魂の階段を「上がって」いるのだ。 これまで強く、しっかり、キッチリ、生きてきた人がもう強くもしっかりもキッチリもできなくなって弱さをさ...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top