自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : がんばる/がんばれない

「ならないように」がんばるからしんどくなる

「ならないように」がんばるからしんどくなる

がんばっているのにいつまでもしんどい人は がんばっている目的が「◯◯にならないように」だったりするかもしれません。 怒られないように責められないように嫌われないように変なこと言われないように変な目で見られないようにバカにされないように失敗しないようにダメにならないように・・・などなど。 そうならないように、がんばる。 よくやり...

どうにかしたいなら、Doingしないとね

どうにかしたいなら、Doingしないとね

「がんばらなくていい」の意味 BeingとDoing という言葉は最近だいぶ知る人が多くなっています。 Beingとは、あり方。存在。Doingとはやり方。行動。 どっちが大事とかじゃなくてどっちも相互に重要視しようよ、というのが私たちツナゲルのコンセプトでもあります。 最近流行っている がんばらなくていいよそのままでいいよ ...

成長成長!ってがんばらなくても、成長してるんじゃない?

成長成長!ってがんばらなくても、成長してるんじゃない?

お花も、木も植物はみな生き物だから自然に成長します。 土があって、太陽があって、お水があれば。 肥料があればなおいいのかもしれないけど。 もちろんよりよく成長するための環境条件というのはあるでしょう。 成長を阻害する要因を取り除けば除くほど爆発的に成長するという話も聞いたことがあります。 しかし、そうではなくても痩せた土地でも...

「我慢・大変・人のため」は昔の美徳

「我慢・大変・人のため」は昔の美徳

あなたが我慢ばっかりしてるのは、お母さんが我慢ばっかりしてたからかもしれない。 お母さんが我慢ばっかりしてたのは、そのまたお母さんが我慢ばっかりしてたからかもしれない。 生き方ってクセだから。そういうもんだと思ってたら、みんなそういうもんだで知らないうちに、そうするようになっています。 昔の人は、辛いこと我慢して、家族や他人の...

「なりたい自分」になろうとしなくていい

「なりたい自分」になろうとしなくていい

「なりたい自分」をめざして 、一生懸命がんばる時代があってもいいでしょう。 「なりたい自分」に向かっているその道が楽しいなら、大いにがんばってみればいいでしょう。 でも「なりたい自分」になろうとしているその道が、なんだか辛くなってきたなら、そろそろ見直してもいいかしれません。 「なりたい自分」というやつを、富士山の頂上のように...

優等生の行き詰まりと夜明け前。ここから先にミッションがある

優等生の行き詰まりと夜明け前。ここから先にミッションがある

優等生がなぜ心の勉強を? 私の個人セッションや講座、あるいは夫の立花岳志と共同で運営しているTLI講座やワークショップに来てくださる方にはなんとなく共通の傾向があります。 絶対ではないですが、ざっと特徴をあげると ・子供のころからわりと勉強ができた・親に迷惑かけることなくしっかりやれる子だった・長男、長女も多い・進学校やいわゆ...

「いやだ」は命を守るブレーキだから

「いやだ」は命を守るブレーキだから

「いやだ」と「ほしい」は人間として生きるための原初のエネルギーだと思う。 「ほしい」はエンジン。「いやだ」はブレーキ。 今日は「いやだ」について語りたい。 自分自身にとって危険なことや自分を脅かすこと自分の本来と違うことに対して「いやだ!」と思うってことは自分を守るためのブレーキになる。 車にブレーキが必要なように自分にもブレ...

夜明け前がいちばん暗い

夜明け前がいちばん暗い

夜明け前がいちばん暗いという言葉があるけれど 大きな開けの前にはものすごい闇に沈む時がある 高く飛ぶためには深く沈み込むことという言葉もあるけれど ちゃんと沈んだからこそその奥底に宝を見つけて還ってくることがある その宝が次に高く飛ぶための新たな動力源となる だからあがいても、もがいてもいい あがくことにも、もがくことにも力尽...

大人になるということ

大人になるということ

子供からの脱皮・卒業 個人セッションで多くの方のケースを見ていて思うことがあります。 個々人の直面している現実はいろいろ違っても解決の鍵は、もうだいたい一つに集約されます。 それは 子供を卒業して、大人になること。 この場合の「子供」とは何かというと ・人の言ったことを鵜呑みにする・人の価値観を自分の価値観にする・人の感情をコ...

「火事場の大力」こそがプロへの道

「火事場の大力」こそがプロへの道

何かの専門家として成長したい一人立ちしたいもっとレベルを上げたい・・・ そんなふうに思う時、いちばん効果的なことはなんでしょうか。 それは「責任を背負うこと」であり「矢面に立つこと」でははないかと、私は思います。 もう少し具体的にみていきましょう。 責任を背負い、矢面に立つから成長する 私が経験してきた世界でいうと、音楽。 た...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top