自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 日々の雑感

究極の煩悩は「自分で自分がわからない」こと・ビリーフリセット理論で煩悩を考える3

究極の煩悩は「自分で自分がわからない」こと・ビリーフリセット理論で煩悩を考える3

わからなければ対処しようがない 貪るのはいけない!貪るのはやめよう!思っても 怒るのはいけない!怒るのはやめよう!と思っても 煩悩をどんなに、断とう!捨てよう!なくそう!としても また出ちゃった、またやっちゃった、我慢しきれなかった・・・ またか、またか、の繰り返し。 やっぱりダメ、やっぱりムリ、やっぱり自分は・・・ 失望と自...

怒りは意思でコントロールできない。ビリーフリセット理論で煩悩を考える2

怒りは意思でコントロールできない。ビリーフリセット理論で煩悩を考える2

怒ってないフリはできるかも。でも怒ってるでしょ 仏教において心の三毒といわれるものの1番目が、貪(とん)= むさぼり でした。 前回の記事はこちら→ そして2番目が、瞋(じん)= いかり たしかにねえ、それはいかんよねえ・・・と思うくらいわかりやすいですね。 確かに怒りはやっかいな感情です。 自分も苦しいけど、人も苦しくさせま...

煩悩は「断つ」ものなのか?ビリーフリセット理論で煩悩を考える1

煩悩は「断つ」ものなのか?ビリーフリセット理論で煩悩を考える1

人間はなぜ苦しむのか   「生きる意味とは何か」「人間とは何か」「自分とは何者か」とか 「使命とは!?天命とは!?」とか考える人は、だいたいにおいて生きるのが苦しい人です。   はい、私がそうでした(笑)。   そういうこと考えないと、なんで苦しい思いして生きなきゃならんのかわからないし、 意味があると考えなきゃやってられない...

秋の高野山で、昔の人の驚異的な伝聞力に思いをはせた

秋の高野山で、昔の人の驚異的な伝聞力に思いをはせた

秋の高野山へ行ってきました。 高野山は標高が高いため季節の巡りも早く、ダウンコートが丁度良いほどの肌寒さ。おかげで紅葉真っ盛りに当たりました。 私にとって高野山はこれで4回目。毎回来るたびに、なんらか書き残しておきたくてこんな過去記事があります。 1回め 高野山へ行ってきました 2013年6月2回め 今年も高野山へ行ってきまし...

わかってくれる人が誰もいなくても

わかってくれる人が誰もいなくても

わかってくれる人が誰もいなくても 心に決めたことをやり続けるべき時期というのが きっとある。 決めた自分だけを信じて ただ黙々と足を進めるべき時期というのが きっとある。 とぼとぼと一生懸命 うす暗い道を一人で歩き続けたその先に わかってくれる人達がいる新しい世界が 開けてくる。 なぜなら 一人で歩いているその間 あなた自身だ...

自己肯定とは、自分を肯定することではない

自己肯定とは、自分を肯定することではない

自己肯定とは   否定をやめて、自分を肯定することではない。     ほんとのところ   否定か、肯定か、ではない。     なぜなら 肯定があるところ、否定がある。 否定があるからこそ、肯定がある。 肯定しようと思ったとたん 裏には否定が張り付いている。 肯定は、否定と裏表で成り立っている。 肯定か否定か・・・ それ自体が思...

人の心って、根底ではけっこうみんな同じ

人の心って、根底ではけっこうみんな同じ

おかげさまでこちらのブログは、そんなに爆発的なアクセスではないですが、静かながらじっくりと多くの方々に読んでいただけるようになりました。 個人セッションやセミナーにも「ブログを読んでピンときました」と言って来てくださる方も多く、ありがたいことです。 あらためて皆さまにお礼申し上げます。 私の記事は人の心の動きや傾向を、特徴的に...

「自分を大切にする」ってなまやさしいもんじゃない

「自分を大切にする」ってなまやさしいもんじゃない

自分の気持ちを捨てて 他人の機嫌をとった数が 自己否定の深さになる。 他人の機嫌を捨てて自分の気持ちをとった数が自己肯定の深さになる。 「自分を大切にする」とはやんわり、ふんわりしたなまやさしいものじゃないんだ。 それはタフな闘いだ。 たとえ周りの人間が怒っても反対しても泣いても悲しんでも それでもなお自分の気持ちを通すために...

ぜんぶ「いい」ことにして頭をゆるめよう

ぜんぶ「いい」ことにして頭をゆるめよう

私たちの頭は ふだんとーっても不自由だ これはこういうものなのだこうするべきなのだ こうじゃなくちゃいけない こうではいけない こうなってはいけない こうならなくてはいけない 無数の「なのだ」と「べき」と「いけない」が 頭にこびりついて ガチガチに身動きがとれなくなっている だって、そうでないと だめになってしまう失ってしまう...

師匠の話をしよう。人生の転機をサポートする無流派「あけみ流」

師匠の話をしよう。人生の転機をサポートする無流派「あけみ流」

私は数年前に、音楽療法の資格をとるため大学に社会人編入して2年間学生をやっていました。 大学に行きながら、もっと本格的な心理療法を学びたくて別途、民間のセラピスト養成講座を受講していました。 その先生というのがこの道20年のベテラン・セラピスト岡部明美さんです。 明美さんは、皆が「先生」と呼ぶことをあえて許さず「あけみちゃん」...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top