自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 恋愛・夫婦・パートナーシップ

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

〜〜くれない 〜〜してもらってない という思いは自分を傷つけるよね。 満ち足りない気持ち みじめなかんじ 枯渇感 焦燥感 そんなものを連れてくる。 その大元には子供のあなたがいるから。 子供は愛してもらいたくて当然だからね。 ほしいものをほしいようにもらえてないと いつまでもこだわっちゃう。 だから、大人になっても もらえてな...

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

「かわいそう」という感情 「かわいそう・・・!」という感情があります。 「かわいそう・・・!」と思う時、きっと眉はヘの字に下がり、ちょっと眉間にしわが寄り、胸の中からつかえるような何かがこみ上げてくるような・・・・そんな感覚を伴うのではないでしょうか。 そして、その胸からこみあげる何かとともに「私がなんとかしてあげなくちゃ!」...

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

どうして「浮気」されると困るのか 昨日「学びの浮気、大賛成」という記事を書きました。 こういうことを言うと、とてもびっくりされます。 やはり、お稽古事などで「他の先生に習っちゃダメ!」と言われた経験のある方も多いようです。 もちろん個々の事情はさまざまだとは思いますが、私もモノ好きなので、なぜ生徒に「浮気」されると困るのか、先...

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

今日はとてもざっくり大まかな話をします。 いつも傷つくことが多いいつも悩みが多いいつも生きづらいなんだか幸せじゃない そんな方は、心の深〜いところに、次のどれかのような思いを、子供の頃からずーっと抱えているかもしれません。 1.「私はお母さんに愛されない」2.「お母さんは大変でかわいそう」3.「私がお母さんを幸せにしなければい...

他人にイラッと、ムカッと、グサッときたら

他人にイラッと、ムカッと、グサッときたら

「イラッと、ムカッと」をどう考える? 他人にイラッと、ムカッときたり他人が言った言葉がグサッとささったりって、よくあることですね。 多くの「ストレス」といわれるもののほとんどが人との関わりの中から生まれるものですし人との関わりなしに生きることはこの世では難しいからこそいつもストレスでしんどい思いをするのが「生きる」ということだ...

人の顔色におびえて勝手に反省してしまうクセ

人の顔色におびえて勝手に反省してしまうクセ

あの人が怒るのは私が悪いから? 怒ってる人のこと、ものすごく苦手だったりしませんか? 人の不機嫌や怒りにとても敏感でちょっとした顔色の変化をすぐさまキャッチ。 「うわ、気に入らなかったかしら」「うわ、怒らせちゃったかしら」 とゾゾーッとして心が縮こまっちゃう。 そうなったらもう、一人大反省会。 「私、なにかマズイこと言っちゃっ...

心の勉強を「ウチのあの人」にも勧めたいと思ったら

心の勉強を「ウチのあの人」にも勧めたいと思ったら

「ウチの◯◯に教えたい!」にひそむもの 少し心のことを勉強すると「すごい!これはいい!」と感動することがよくあります。 「そうか!なるほど。そうよね。そうそう!」とっても共感できて本当のことをみつけたようなうれしさを感じたりしますね。 そうするとね、次にこんな気持ちが湧くことも少なくありません。 「これ、ウチの親に聞かせたい。...

感謝できなくたっていい、愛がわからなくたっていい

感謝できなくたっていい、愛がわからなくたっていい

感謝愛思いやり共感 ・・・といった言葉は 当然のように「よいこと」「すばらしいこと」だとされています。 それどころか「人間としてあたりまえ」みたいにさえ思われているかもしれません。 でもね、 それらがあまりにも「よいこと・すばらしいこと・当然のこと」だとされているとね、 苦しむ人が必ずいるんです。 「自分はそれができていない」...

「しょうがない」は癒しの言葉

「しょうがない」は癒しの言葉

実際そうなんだからしょうがない 「しょうがない」 この言葉は、諦めとか、なげやりとかそんなイメージが絡んで一般的にはあまりよく思われない言葉かもしれません。 でも私は、この「しょうがない」けっこう好きなところがあります。 「しょうがない」とは仕方ない、どうしようもない。ものごとはそうでしかない。つまり、自分ではどうともならない...

1回のセッションで離婚危機を乗り越えたご夫婦の物語

1回のセッションで離婚危機を乗り越えたご夫婦の物語

ある日の夕方、一人の女性からメールが来ました。「明日セッションを受けることはできないでしょうか?」 その方は「夫に離婚を言い出され、どうしたらいいか困惑している。自分に向き合って、自分で答えを出して決断したい。可能なら、九州から飛行機に乗ってこれから向かいます。」 とのことでした。 ちょうど空きがあったため、お受けすることがで...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top