自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 家族・親子関係

力いっぱい押し返せ!愛のつもりで服従になっていないか?

力いっぱい押し返せ!愛のつもりで服従になっていないか?

心理の世界では「サレンダー」という概念があります。 サレンダーとは、明け渡しのこと。 「自分が自分が!」と、自我でがんばり続けるステージに限界が来た時、次の段階へ移行するための鍵が「サレンダー」だと言われています。 「自分が」を手放し、力を抜いて水に浮くように、大きなものに身を委ねること。 「自分にはどうにもできないことがある...

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

〜〜くれない 〜〜してもらってない という思いは自分を傷つけるよね。 満ち足りない気持ち みじめなかんじ 枯渇感 焦燥感 そんなものを連れてくる。 その大元には子供のあなたがいるから。 子供は愛してもらいたくて当然だからね。 ほしいものをほしいようにもらえてないと いつまでもこだわっちゃう。 だから、大人になっても もらえてな...

「お子さんは?」と言われてザワッとする?・傷つくなら自分がそれを 「いけない」と思っているから1

「お子さんは?」と言われてザワッとする?・傷つくなら自分がそれを 「いけない」と思っているから1

私たちはどういうわけか 「いけない」ということに すごく怯えます。 自分が「いけない側」に なってしまったと思った時 すごく怖くなったり、傷ついたりします。 たとえば 結婚しても子供を産まない、ということ。 ほしくないから産まない場合も ほしいけど産まれない場合も あるだろうけど 「お子さんは?」と言われて傷つくなら それは ...

「当たり前の壁」を超えて。ビリーフリセットの瞬間はこうやって訪れる

「当たり前の壁」を超えて。ビリーフリセットの瞬間はこうやって訪れる

見えない、気づかない、疑問を持たない「当たり前の壁」 人は、ずっといた場所にい続けているだけだと、そこがどんな場所なのか、実はあんまり認識できません。 あまりにも当たり前なので、あえて疑問も持たず、気づかないのです。 たとえば、生まれて初めて海外に行った時。 異国の街並みや人、文化に触れて刺激や驚きを感じます。 そして再び日本...

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

「かわいそう」という感情 「かわいそう・・・!」という感情があります。 「かわいそう・・・!」と思う時、きっと眉はヘの字に下がり、ちょっと眉間にしわが寄り、胸の中からつかえるような何かがこみ上げてくるような・・・・そんな感覚を伴うのではないでしょうか。 そして、その胸からこみあげる何かとともに「私がなんとかしてあげなくちゃ!」...

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

どうして「浮気」されると困るのか 昨日「学びの浮気、大賛成」という記事を書きました。 こういうことを言うと、とてもびっくりされます。 やはり、お稽古事などで「他の先生に習っちゃダメ!」と言われた経験のある方も多いようです。 もちろん個々の事情はさまざまだとは思いますが、私もモノ好きなので、なぜ生徒に「浮気」されると困るのか、先...

嫌いな人がたくさんいるということは 嫌いな自分がたくさんいるということ

嫌いな人がたくさんいるということは 嫌いな自分がたくさんいるということ

弱い自分が嫌いだと 弱い人が嫌いになる できない自分が嫌いだと できない人が嫌いになる 怒る自分が嫌いだと 怒る人が嫌いになる 好きなようにする自分が嫌いだと 好きなようにする人が嫌いになる 目立つ自分が嫌いだと 目立つ人が嫌いになる 嫌いな人がたくさんいるということは 嫌いな自分がたくさんいるということ 弱い自分も できない...

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

音楽環境に恵まれたからこそ、背負うもの クラシックでもポピュラーでも、音楽家の人たちは、小さい頃から音楽的に恵まれた環境だったり、それなりの教育を受けてきた人が多い。 つまり、それをさせてくれる親の力というものが大きいということだ。 レッスンに通わせてもらい、楽器を買ってもらい、楽譜やレコード・CDを買ってもらい、コンサートに...

ようこそ!遅ればせの反抗期

ようこそ!遅ればせの反抗期

反抗期がなかった人 思春期に、反抗期やりました? 私のカウンセリングに来る方の中には、反抗期がなかったという人もけっこういます。 反抗期がなかった方はほんとにざっくり大雑把に言って2つのタイプがあるかもしれません。 とにかく親が怒りっぽくて怒ったらもう大暴れ!みたいになるもんでちょっとでも口答えしたら自分の命に関わるような気が...

「母に受け入れてもらえない」の堂々めぐりから脱出する

「母に受け入れてもらえない」の堂々めぐりから脱出する

母のことがスッキリしたら、人生ほとんどスッキリする 先日に引き続き今日も「母ネタ」です。 「うへー 重いな」って感じる方、ごめんなさいねー。やっぱり母ってものすごい重要なテーマなんですよ。 だって、私たちの命を生み出した人であり赤ちゃんにとっては死活問題の、いっちばん重要な人ですからね。影響受けたとか受けてないとかいう以前に有...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top