自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 音楽と心理

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

音楽環境に恵まれたからこそ、背負うもの クラシックでもポピュラーでも、音楽家の人たちは、小さい頃から音楽的に恵まれた環境だったり、それなりの教育を受けてきた人が多い。 つまり、それをさせてくれる親の力というものが大きいということだ。 レッスンに通わせてもらい、楽器を買ってもらい、楽譜やレコード・CDを買ってもらい、コンサートに...

9年越しで音楽再起動・6月25日ライブ 大塚彩子ピアノ&トーク

9年越しで音楽再起動・6月25日ライブ 大塚彩子ピアノ&トーク

20年前、音楽で食っていけるようになった 20年前。芸大を出て数年。私はようやく、プロとして音楽で食っていけるようになっていました。 当時は、他のアーティストの曲のアレンジやピアノ演奏など。私の能力を買ってもらって、仕事を要請してもらえるのがうれしかったし、音楽で食えてる実感、プロとしての自負、などを感じることに充実感もありま...

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜今日発売です

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜今日発売です

お待たせしました。新作CD 、今日が発売日です! このアルバムは、10年前に作ったゼーガペインというアニメのサントラをピアノアレンジして弾いているものです。 参考記事2/22 CD発売!ピアノで語るゼーガペイン、森羅万象(ありとあらゆるもの) 3/17 ご予約感謝!CD「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」 構想を立て始めた...

心の鎖を外しハートがよみがえる。だから私は心理と音楽なんだ

心の鎖を外しハートがよみがえる。だから私は心理と音楽なんだ

なぜ心理と音楽なのか   私はこの10年ほどの期間で、作曲家(音楽の専門家)をいっぺんやめてカウンセラー(心の専門家)に転向してきたのですが、実は、本当の意味で「転向」ではないな、と最近思っています。 そしてまた、単純に「二足のわらじ」でもないのです。 私が前半生、メインで使ってきた「音楽」というツールにあらたに後半...

芸大まで出て20年プロをやった私が、音楽に燃え尽きた理由

芸大まで出て20年プロをやった私が、音楽に燃え尽きた理由

今朝、突然わかった燃え尽きの理由 今朝方見た夢。 私は自分が作曲したデモ音源を誰かに聴かせていた。それがまあ、自分でも「よくそんなことを思いつくね」と思うような破天荒な、おもしろい展開をする曲だった。コンガの連打とか、よくこんなの打ち込んだな(笑)って夢の中でも思ってた。でも、制作途中の曲だったらしく「とりあえず、ここまで」っ...

ピアノバーと音楽療法

ピアノバーと音楽療法

■私のラウンジピアノ変遷 ホテルやバーにピアノが置いてあるのを見ると、たまーに「あー、弾きたいなー」と思うことがあります。空気のように、心のままに、その場に合わせていろんな曲を流してみたい。 こういうところで演奏される音楽は、いわゆるラウンジピアノというものです。

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

  前回、人が音楽を必要とする理由の一つとして、なかなか感じられない自分の本当の感情を音楽を通して感じるためではないか・・・という考察をしてみました。→前回の記事「人が音楽を必要とする理由」 さて、今日はもう少し具体的な話にしましょう。

人が音楽を必要とする理由

人が音楽を必要とする理由

今日は、久しぶりに音楽療法士っぽいトピックです。 私たちは、なぜ音楽を聴き、音楽を必要とするのだろう? おそらくそれは かなり深く哲学的なテーマにもなり得るのでしょうが、 私の個人的な見解ですと、 自分の感情を感じるため

2つのセッション

2つのセッション

  カウンセリングやセラピーで、クライアントさんと向き合う時間のことを、セッションといいます。私が現在行っているのは、1対1の「個人セッション」。お一人お一人の話をじっくり聞き、心の探求の道筋をご一緒する90分〜120分です。

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top